フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« | トップページ | オフィスだけでなく »

2008.05.06

これも面白いPhun動画

この動画はストレートに教育目的で出来てますね。

題材とかにしても説明の仕方にしてもこれは教育に関係のある分野の人の仕事でしょうかねぇ。

ビリヤードとかはうまいなぁ。

下は熱機関。

« | トップページ | オフィスだけでなく »

Programming」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、動画【物理学習用教材としての"Phun"】の作者です。ご紹介ありがとうございます。
私は理学部物理学科の現役学生で、理科教育にも興味があります。Phunがバージョンアップして、速度情報を見ることができるようになったことが、この動画を作成しようと思ったきっかけです。
masafumiさん、最近はPhun関連の記事を書かれていないようですが、現在のPhunのバージョンはベータ版4.22で、いろいろ使える機能が増えています。バグもかなり減ったと思います。
ttp://www.phunland.com/wiki/Home/ja

制作者の方でしたか、コメントありがとうございます。

> 理学部物理学科の現役学生
なるほど、素人の仕事ではないと思ってましたが、そうでしたか。

> 最近はPhun関連の記事を書かれていないようですが

いや~、私自身の興味の方※がPhunで何かを作ることよりも、ツールそのものやツールそのものの仕組みの方にありまして。Phunでは予想以上にアクセスがあってビックリです。

※普段は、大学でリアルタイム3DCGプログラミングやアプリケーションの研究をやっております。

コメントありがとうございます。
私もプログラミングに興味があります。実は、紹介していただいた動画の序盤に出てくる"Phunに学んでみた"の文字も、BMP画像形式からPhunの形式へ変換するファイルコンバータを作成して作りました。
最近はPhunで遊ぶよりも「Phunにどんな機能があれば便利かなぁ」と考えてPhun製作者に提案するのが楽しいです。手段と目的が逆転した感じですね。

>Phunでは予想以上にアクセスがあってビックリです。
masafumiさんが過去のエントリで書かれているように、ニコニコ動画に紹介動画がアップされたのがきっかけでPhunに興味を持った人が多そうですね(私もそのうちの一人です。何気なく「物理エンジン」で検索して見つけました)。Phunの公式フォーラムでも「日本からのトラフィックが多い割に書き込みが少ないから日本語フォーラムを作ろうか」なんて話が出ています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | オフィスだけでなく »