フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 大奥記の感想 | トップページ | 意外と »

2008.06.12

NVIDIAとPhysXに対抗するもの?

Intelの傘下になったHavokですけど、プロセッサへの最適化という観点では、AMD側とも協力していくみたいですね。NVIDIAがPhysXを自社のブランドにしたわけですが、現時点でIntelにはハイエンドGPU製品が無いし、Larrabeeに対応しても仕方がない(現時点で製品出てないし)からAMDとってところだろうなぁ。AMDはAMDで自社で物理エンジン作ってるわけではないし、StreamSDKを使って対応ソフト作ってもらうのはありがたいことだろうし。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0612/amd.htm

CPUだけでなく、GPUへの対応もやるみたいですね。

個人的に、GPU物理を載せる必要性って、速くなることよりも3DのジオメトリデータなどがVRAM上に載っかってるからと言うのがあると思うんですよね。剛体なら別に姿勢を行列でセットするだけからねぇ。

布シミュレーションとか、ソフトボディとかの変形やパーティクルなんかをCPUで計算して、VRAM上のジオメトリに適用することを考えるとバス間の転送があるから、この辺がネックになりそうってのがあるよな。

« 大奥記の感想 | トップページ | 意外と »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大奥記の感想 | トップページ | 意外と »