フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 体験版 | トップページ | HandyARの動画 »

2008.07.05

修理箇所

Xbox 360を修理に出していてそれが戻ってきたわけですが、今回の修理(交換)箇所は、

・ディスクドライブ
・アルゴンボード
・マザーボード

とかいてありました。アルゴンボードとマザーボードは、赤ランプ出て故障した人のblogなどで交換したという話をよく見かけました。

しかし、自分のケースではディスクドライブも交換ってあるので、そっちにも問題があったのか。

« 体験版 | トップページ | HandyARの動画 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

確か購入なされたのは赤ランプ保障が発表される前の2007年5月でしたよね?
まだHDMIが標準装備でない時期の。

それならば内部は、海外で噂になっているOpusモデルになっているかもしれませんね。
65nmプロセスで製造されたCPUを使い、安定性を増すために基盤設計をやり直したもので、修理のためだけに使われる新内部モデルだそうです。

現在市販されているHDMI付モデル(Falconモデル)の次のモデルで、安定性はFalcon以上だとか。
海外記事では6月から実際に使われているとのこと。
ttp://www.xbox-news.com/index.php?e=2642
ttp://www.8bitjoystick.com/archives/jake_the_opus_xbox_360_motherboard_is_now_shipping.php
ttp://blog.seattlepi.nwsource.com/digitaljoystick/archives/140173.asp

更に9月にはGPUとメモリもシュリンクしたJasperモデルが出るそうです。

> 確か購入なされたのは赤ランプ保障が発表される前
> の2007年5月でしたよね?
> まだHDMIが標準装備でない時期の。

そうです。D4時代のやつです(普段はVGAケーブルで使ってますが)。

> Opusモデル
HDMIになっても旧モデルベースの基盤の改良版ってのを作ってるんですねぇ。

わかりやすい確認方法があれば確認してみたいところですねぇ。

> 安定性はFalcon以上
最初のモデルは故障率が高かったわけですが、もしかして故障で戻ってくるから、その分設計の問題点のフィードバックがたくさん得られたとかってのがありそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 体験版 | トップページ | HandyARの動画 »