フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« MFCで | トップページ | mixiアプリ »

2008.08.12

気になったので

下のblogのエントリを読んでてちょっと気になることが、

http://opengl.jp/blogger/2008/08/siggraph-2008-papers.html

Parallelism

■Larrabee (GPU の CPU 化)メモリ幅やキャッシュを効率化。歌付きの発表
■BSGP:GPUプログラミング用の言語。レイトレーシング用。
■どのようにバーで喧嘩が始まるのかに例えて、GPUの並列化を表現。近しいものと遠いものと。
■Gradient Domain Processing: 画像が巨大(3.3GB)だった時の扱い

BSGPってなんだろうということで、検索。

http://www.kunzhou.net/

MSRAの方が、"BSGP: Bulk-Synchronous GPU Programming"という論文を出しているのですね。

新しいGPGPU言語のようですね。別にレイトレ用ってわけではないみたいですね(Paperを各発表者が1分で伝える場なので論文の全体を把握するのは難しいので誤解があることもあると思います)。ざっと論文を見ても粒子流体とX3Dのパーサーとテセレーションでの例があるようですね。

しかし、GPGPU言語って結局のところ今まで散々出ては消えてる中、今の時代、単にCUDAより効率的な言語を作ったゼ、というのはSIGGRAPHの論文としてアリなんだろうか・・・。記述するコードの行数が少ないとか、吐き出すアセンブラコードが少ないとかってのはグラフィックスの話題では無い気が・・・。

ましてや、これからOpenCLやCompute Shaderのような業界で標準化されそうなものが出てくる前に、独自の言語を作っても流行るのか怪しいし。

« MFCで | トップページ | mixiアプリ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« MFCで | トップページ | mixiアプリ »