フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« FX Composer 2.5 再入門 その3 | トップページ | 自分のデスクの »

2009.03.18

ここまでで

とりあえず、アノテーションの役割がわかってくるとFX Composer 2.5の使い方はだいぶ理解できてくるんじゃないかと思います。

それからAssetsの構造自体は、COLLADAの構造に沿ってるので、この機会にCOLLDAの方についても知っておくとさらに理解が深まるんじゃないかと思います。

RenderMonkeyに比べて最初のとっつきにくさはあるんですが、仕組みが理解できるとそれほど難しいものではないですね。逆にレイアウトのプリセットが多いので、シェーダプログラマとアーティスト連携とかやりやすいと思いますし。それからDCCソフト連携なんかもこっちの方がやりやすいと思います。

効率的に開発するって言う観点から覚えておいて損が無いですよねぇ。

« FX Composer 2.5 再入門 その3 | トップページ | 自分のデスクの »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FX Composer 2.5 再入門 その3 | トップページ | 自分のデスクの »