フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« NVIDIAの求人 | トップページ | そんなことより »

2009.05.12

手認識の論文

またまたSIGGRAPH 2009のPaperの話。"Real-Time Hand-Tracking with a Color Glove"という論文が気になったのでちょっとだけ見てみました。

Real-Time Hand-Tracking with a Color Gloveがあるサイト
http://www.cs.washington.edu/homes/jovan/

最初タイトルを見て驚いたのが、「え!?グローブ」と思ったら本当にグローブをつけてそれをトラッキングする論文でした。ただ、ビデオ見た感じでは認識率は高そうですね。

論文自体は、細かく見てないのでざっと見た感想なんですが、どうやらカメラでグローブをキャプチャしたあとに40x40ピクセルまで解像度を落とすようです。

40x40の画像は、事前にデータベース化した手の様々な姿勢を格納した画像ファイル(これも40x40)とマッチングするみたいですね。カメラで撮影するので、ノイズとかあるわけですが、撮影結果がどれに近いかを判定するために色々と処理をするみたいですね。

画像とマッチングを取ると言いましたけど、実際の姿勢はCyberGlove IIというデバイスで取得した手の18,000パターンのデータから決めるようですね。それとの対応を取ると言うことでしょうね。

それにしてもなんという力技。まぁ、でも現在のPCなら大量の40x40ピクセルの画像なんて余裕で保持できてマッチングできるんでしょうね。

ちなみに、Core 2 Quad 2.4 GHZで160ms程度で認識ができて10Hzで動かしてるみたいです。

« NVIDIAの求人 | トップページ | そんなことより »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NVIDIAの求人 | トップページ | そんなことより »