フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 来月から | トップページ | GeForceのOpenCL対応ドライバ(WindowsとLinux) »

2009.09.29

ビジュアルプロトタイピング

TGSのフォーラムでEpicの人の講演の中で、プランナーがビジュアルプロトタイピングするための環境の話がちょっとだけあるけど、こういったことはどこの会社でも頭を悩ませてそうですね。

http://www.inside-games.jp/article/2009/09/27/37864.html

個人的に商用で知ってるのは、Virtoolsなんですが、これは結構ライセンス料が高そうなんですよね。まぁ、お金の問題は置いといてゲーム機の実機で動作となるとねぇ。

http://unity3d.com/unity/

グラフィカルな環境としては下記のエディターがあるみたいですね。ただ、日本語ローカライズされていないというのは国内では問題かもしれませんね。

http://unity3d.com/unity/features/

金額は下記で分かるんですが、JPY表記で見ると結構買えちゃう金額ですね。

https://store.unity3d.com/shop/

そういえば、もう終わったっぽいですけど下記のようなイベントがあったんですね。日本進出でローカライズが進むと使われる機会が増えるのかもしれませんね。

http://www.igda.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=139

« 来月から | トップページ | GeForceのOpenCL対応ドライバ(WindowsとLinux) »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来月から | トップページ | GeForceのOpenCL対応ドライバ(WindowsとLinux) »