フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« SpeedTreeいじってみた | トップページ | Borderlandsのレビュー »

2009.11.09

XNAで物理エンジンの本

ちょっと前に「リアルな動きのための ゲーム物理プログラミング」を出版社の方からいただいたのですが、京都行きとか色々とあって読みそびれていましたが、ようやく読みました。

出版社の紹介ページ
http://book.mycom.co.jp/book/978-4-8399-3163-6/978-4-8399-3163-6.shtml

出版社の紹介ページにあるように、XNA Game Studio 3.1をターゲットに3つの物理エンジンの使い方と3D数学(実は厚み的に一番厚い章)を解説していますね。3つのエンジンのそれぞれに得意なことあるので、実現したいことに合わせてサンプルが用意されている感じですね。

最初の方では、ゲーム向け物理エンジンの一般的な話題があるんですが、物理エンジンのとっかかりとして用語とかどういうライブラリを押さえておくかというのに良さそうですね。物理エンジンで使う用語とかプログラミングモデルは結構、似通ってますし。

XNAを始める人からすると別に入門書を入手して、その先として2Dや3Dで物理エンジンを使いたいという方がこの本を手に取るという感じですね。

リアルな動きのための ゲーム物理プログラミング
リアルな動きのための ゲーム物理プログラミング
毎日コミュニケーションズ 2009-10-23
売り上げランキング : 3932

おすすめ平均 star
star物理エンジンの使用に特化した解説

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« SpeedTreeいじってみた | トップページ | Borderlandsのレビュー »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SpeedTreeいじってみた | トップページ | Borderlandsのレビュー »