フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 明日から | トップページ | Microsoft Researchの筋電センサを使ったコントローラ »

2010.01.03

2010年はもっとiPhoneで

iPhoneの開発環境揃えた割に2009年は社会人になった最初の年と言うことで、あんまりできなかったので今年こそはということで。

そんなわけで、もうちょっと入門的なところからと言うことで「OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング」を読み始める。

出版社の紹介ページ
http://www.impressjapan.jp/books/2808

本当の意味でiPhoneでOpenGL ESを使ったゲームの入門って感じになってますね。2Dゲームと3Dってなんってますが、OpenGL ESを使って2Dゲームが大半な感じでメインの内容な感じですね。レースゲームが題材(3Dの題材も)なのでリアルタイムにゲーム処理したりとかをiPhoneでどういう構造で作ってくかというのが参考になりそうですね(カードゲームとか15パズルとかが題材ではないのは○ですね)。

ここから入ってES本とかに入るのがいいんでしょうねぇ。

OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング
OpenGLで作るiPhone SDKゲームプログラミング
インプレスジャパン 2009-12-18
売り上げランキング : 1854

おすすめ平均 star
starヒントが沢山の良書です

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 明日から | トップページ | Microsoft Researchの筋電センサを使ったコントローラ »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日から | トップページ | Microsoft Researchの筋電センサを使ったコントローラ »