フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 家に帰ったら | トップページ | ようやくセットアップが »

2010.05.28

iPhoneのOpenGL ES開発で使う行列・ベクトルライブラリ

iPhoneでOpenGL ESで開発する際に個人的にやっかいだったのが行列やベクトルの演算についてです。

どうしたもんかと悩んでいたらGeeks3DでGLMというライブラリが紹介されてました。

http://www.geeks3d.com/20100528/glm-0-9-0-0-mathematics-library-for-3d-programming/

OpenGL Mathematics
http://glm.g-truc.net/

ほうほう、GLSL 4.0の行列・ベクトル型に互換性を持たせたC++のライブラリなんですね。APIのドキュメント見てみたけど、基本的な3Dの射影行列とかビュー行列作るような関数もちゃんとあるようだし、これを試してみようかな。

« 家に帰ったら | トップページ | ようやくセットアップが »

Programming」カテゴリの記事

コメント

glmが面白いのは、swizzle演算まで再現してたりします。

ほうほう、そこまでやってくれるんですか。

自作するのはめんどうだったので、ちょっと使ってみたいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 家に帰ったら | トップページ | ようやくセットアップが »