フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.31

良いお年を

2010年も終わりということで良いお年を。

大晦日

2010年も24時間を切ったんですねぇ。

2010.12.29

ガンプラ開発戦記を読んだ

なんとなく人との待ち合わせでの時間つぶしで立ち寄った本屋で「ガンプラ開発戦記 -誕生から大ブームまで-」を買いました。

タイトルは「ガンプラ」ですがバンダイのプラモデルまわりの事業の立ち上げからガンプラまで話といった内容になってました。自分なんかがプラモデル触る頃には当たり前になってたガンプラのスケール表記が行われるまでの話とか、キャラクターモデル(アニメとか漫画の版権もの)をスケールモデル(戦車や航空機など実在のもの)と同じように見てもらえるようになるまでの苦労とかそういった内容でした。

以前、現在のタミヤの会長の田宮俊作さんの「田宮模型の仕事 (文春文庫)」を読んだことがあったんですが、タミヤなんかはキャラクターやらないから比較して読むのが面白いんだろうなぁ。

ガンプラ開発戦記 -誕生から大ブームまで- (アスキー新書)
ガンプラ開発戦記 -誕生から大ブームまで- (アスキー新書)猪俣謙次 加藤智

アスキー・メディアワークス 2010-12-09
売り上げランキング : 18014


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.12.25

島本和彦版Gガンダム

あ、島本和彦版Gガンダムの単行本でたのか。

ちょっとほしいなぁ。

超級! 機動武闘伝Gガンダム (1) (角川コミックス・エース 16-8)
超級! 機動武闘伝Gガンダム (1) (角川コミックス・エース 16-8)島本 和彦 矢立 肇

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-12-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
超級! 機動武闘伝Gガンダム (2) (角川コミックス・エース 16-9)
超級! 機動武闘伝Gガンダム (2) (角川コミックス・エース 16-9)島本 和彦 矢立 肇

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-12-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.12.23

仕事は来週もあるけど

大掃除などもあるんで、今週でだいぶ終わりですねぇ。

2010.12.20

Androidマーケットのデザインが変わった

なんかAndroidマーケットのデザインが変わると聞いてたけど、自分のSH-03Cもなんか気づいたら変わってました。

デザインはちょっと見やすくなった気がしますけど便利になった感じは全然しないなぁ。

2010.12.18

SHARPの裸眼立体視AndroidのAPI

おお、SHARPの開発者向けサイトでSDKが更新されている。

https://sh-dev.sharp.co.jp/android/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=37

立体視向けのコンテンツを自作できるようになったのか。これは試したいところ。

2010.12.17

Epic Citadel読み込んでみたらこんな感じ

Citadel
クリックすると大きなサイズになります。

UDK MobileでサンプルのEpic Citadel読んでみたらこんな感じ。

実機用のバイナリに関しては

UDKはWindowsでiOSのアプリを作れますが、Appleの登録をして各種証明書ファイルやプロヴィジョンファイルは必要になります。再生メニューから「Install on iOS Device」で必要な手続きが書いてあります。なお、Windowsでのプレビューはできますね

Windows版しかないけど

Windows用のインストーラしかないように見えますが,WindowsにUDKを入れると起動時にPC版とMobile版の起動ダイアログがでます.もしくはUDK Mobile Editorの起動ですね。

開発はWindowsで出来るみたいですね。そこからiOS向けのバイナリを出してくれるみたいです。

UDKがiOSのサポート開始

Unreal Development Kit(UDK)の2010年12月版がリリースされました.

リリース文
http://www.udk.com/news-beta-dec2010

ダウンロード
http://www.udk.com/download.html

今回のリリースではかねてより予告のあったiOSのサポートが加わっています.

2010.12.16

iOS版のUDK

iOS版のUDKって今日出るんですねぇ。

とりあえず、でたらサンプルの転送あたりは試してみようかなぁ。

2010.12.12

LYNX 3D向けの3D写真が撮れると聞いて

FX-3D W3の3D写真の形式をLYNX 3Dでそのまま表示できると聞いて購入してみました。

確かに表示できるんですが、視差調整をうまくやらないと結構疲れる絵になりますねぇ。

動画も見れるようにしたいので変換方法調べないとなぁ。

FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 FX-3D W3 1000万画素 光学3倍ズームX2 3.5インチワイド3D液晶 3DHD動画
FUJIFILM 3Dデジタルカメラ FinePix REAL 3D W3 FX-3D W3 1000万画素 光学3倍ズームX2 3.5インチワイド3D液晶 3DHD動画
富士フイルム 2010-09-04
売り上げランキング : 1106


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

gDEBuggerが無料化の話の続き

gDEBuggerが無料化って話が前にありましたが、そのあたりの話しがReal-Time Rendering blogにありますね。

http://www.realtimerendering.com/blog/gdebugger-is-now-free/

AMDが開発元を買収していたのか、なるほど。

2010.12.11

続・Game Centerの話

こうなると気になるのはGame Center対応アプリで1番遊ばれてるのはどんなアプリなのかですね。

とりあえず、スマートフォンのゲームとして最近人気らしいAngry Birdsを入れてみました。

おお、384万人。これは多いですね。少なくともGame Centerの利用者が世界で300万人以上いるってことがわかるなぁ。

しかし、Angry Birds人気とは聞いてたけどこれにGame Center未登録な人も入れるとすごそうだなぁ。

E1AA10EE-5DE9-4B62-89A2-B5EE3FD5C864

iOSのGame Centerで見れる数字で思ったこと

iOSにはGame CenterっていうゲームのSNSみたいなのがあるんですが、ようはXbox 360のXbox Live !のアカウントやPS3のPSNのアカウントみたくフレンドとゲームしたり実績 / トロフィーのようなゲームの達成度を人と見せたり、オンラインのランキングとかのサービスですね。

Img_0118

最近少しずつ対応のアプリやってるんですが、Game Centerって登録者全体から自分の順位がわかるんですが、よくよく考えるとコレってGame Center利用者がどれだけこのアプリを落としてるかってことですよねぇ。最近出た、Unreal Engine製のInfinty Bladeなんかは少なくとも191,277人は購入してるんですね。一方、コトバシるとかは140人ってこれはちょっと少ないですねぇ。

Game Center使ってない人も多いと思うのでこれが実売の本数ってわけではありませんが、ゲームがどれだけ落とされてるか参考になりそうですねぇ。そうなるとどのぐらいの値段でどのぐらいのコストで作るといいのかという参考になりそうだよなぁ。

その他の画面として、ゲームごとの画面はこんな感じ。

Img_0120

成績画面。ようするに実績やトロフィーみたいなもんですね。

Img_0119


2010.12.09

Natural Interactionのための開発者組織 OpenNI

なんかPrimeSence社が中心になってOpenNIというNatural Interactionのための開発者組織のプロジェクトが進んでるんですね。

http://willowgarageja.blogspot.com/2010/12/primesense-releases-drivers-open-source.html

最近は、Kinectの勝手利用が進んですが、たしかにドライバが出て深度画像が取れるようになってるわけですがあそこから人間のモーション入力をとろうとすると結構大変なんですよね。

研究者や学生、趣味で開発してる人たちがそうした入力を自前でコードを書くってのは結構大変ですよね。OpenCVにやらせる手もありますがOpenCVって画像処理や認識をやってくれますけど、モーション認識やジェスチャ認識みたいなものは得意じゃないんですよね。そんなわけでこうした試みが出てくることでいろいろな応用例が出てきて盛り上がりそうですね。

あとはライセンスなどの詳細が気になりますねぇ。

iOSのUnreal Engineのゲーム"Infinity Blade"が出た

iOSのUnreal Engineのゲーム"Infinity Blade"がついに出たみたいですね。

http://itunes.apple.com/jp/app/infinity-blade/id387428400?mt=8

さっそく、iPadとiPhoneにインストール。

2010.12.08

ここ数日

ここ数日Android端末を使い始めたわけですが、色々と分かってきたなぁ。

OSとかソフトウェア環境自体は2.1でもそれなりに使えますねぇ。

それだけにタッチパネル周りの反応が残念だなぁ。

2.3出たのか

Android 2.3でたんですねぇ。

SH-03Cもそこまでアップデートしてほしいなぁ。

2010.12.07

タッチパネル対応の手袋

前に注文したタッチパネル対応の手袋がやっと届きました。

ちょっと親指でのフリック入力はやりにくいですが、ちゃんとタッチパネルを手袋はめたまま使えるのはいい感じです。自分は特に手が大きいわけではないのでサイズも窮屈でなくてよかったです。

iTouch Gloves アイタッチグローブ
iTouch Gloves アイタッチグローブ

売り上げランキング : 4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010.12.06

GPU Pro 2掲載のMLAAの解説記事のページ(予告)

Twitterにつぶやいたまま放置だったんですが,思い出したのでこっちでも書いておきます.GPU Pro 2掲載のMorphological Anti-Aliasing(MLAA)の解説記事"Practical Morphological Anti-Aliasing"のサイトというのがすでに出来ているようです.

http://www.iryokufx.com/mlaa/

MLAAはPS3のSCEのタイトルで採用のあるアンチエイリアス処理ですね.PS3では,SPUを使って計算を行うことでMSAAをGPUにやらせないことでGPU負荷を低減させることができるメリットがあります.あとは最近のRadeon 5000番台なんかでも利用ができます.

この記事では,Direct3D10での実装について解説するようです.Direct3D10自体の専用機能自体は使ってないようなのでDirect3D9への応用なども可能なようで上記のサイトXbox 360での実験ではXNAを用いて実験したようです.サンプルやソースの公開はまだですが,結果などについては公開されています.

原理的な話は下のビデオでもざっと解説があるので,実装というのは可能かもしれませんね.

Gpu Pro 2
Gpu Pro 2Wolfgang F. Engel

A K Peters Ltd 2011-03-15
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日から

金曜の夜にSH-03Cに機種変したので、平日の仕事のあるときに持ち歩くのは今日からなので日常的に使うのは今日からですね。

2010.12.05

LYNX 3D少し使ってみて

12/3の発売日に入手したLYNX 3Dを触ってみての感想。まだ1日しかたってないのでファーストインプレッション。

タッチパネル
iOS機知ってると全体的にタッチパネルに対する反応がよくない。なんか引っかかる動作をするのがストレスがたまる。文字入力などの反応(特に標準で入ってるIMやATOKのフリックが残念)も。ただ、iOS機を日常的に使ってない人が最初のスマートフォンとして持つなら気にならないのかも。タッチパネルのガラケーと比べた場合には悪くないのかも。

ただ、タッチパネルの反応がストレスたまるけどアプリの動作自体は別に遅くないです。ブラウザの読み込みとかTwitterアプリとかメーラーとか写真ビューワーとかゲームとか見ててもiOS機に比べて遅い感じはないですね。だからこそタッチパネル周りがちょっと残念。

Google関連
Androidってこの機種で初めて使うんですが、今まで様々なPDAやらスマートフォンを使ってきたけど母艦と同期しなくていいのはいいですね(iPhoneも音楽データを同期しないなら)。電話帳とかカレンダーとかGoogleのアカウントセットしたらそのまま同期されるってのはいいですね。PC持ってない人でも使えるしバックアップ先を考えなくていいですね。

裸眼立体視
サンプルとして動画とか写真とかいろいろと入ってる(SEGAにProject DIVAの初音ミクなどもある)んですが、素材として出来のいいやつは本当にいい感じで奥行き感出ますね。

一応、写真、動画、ゲーム(プリインストールで地球防衛軍が入ってる)が対応ですね。あと、ワンセグも3D表示してくれます(なんらかの立体化の計算が行われてるっぽい)。

カメラで3D撮影できるんですが、コレ難しいですね。なんか上手に撮るコツとかあるんですかねぇ。

そういやゲーム業界で言うと3DSが出る前に裸眼立体視でゲームやるってことのイメージはわきやすいですねぇ。

ハードウェアボタン
LYNX 3Dにはハードウェアボタンが4つあるんですが左からMenu、ホーム、戻る、電源、って感じですね。Menuはアプリごとのメニューが出ますね。iPhoneだとHomeボタンしかないのでメニューとかが画面上に配置されるんですが、この機種はボタン押すまで画面にメニュー類がないアプリが多いですね。iPhoneになれてるとこの操作が実は意外と戸惑っています。PC的にはわりとよくある操作なんですが。

Homeボタンは、押すとHomeに戻るだけですね。

戻るボタンはブラウザの戻るやアプリで操作戻したり一階層上の操作に戻したりとかって感じですね。これは割と便利。

電源ボタンは、短く押すとスリープで長押しすると電源を切るだけでなくマナーモードなどのメニューが出ます。最初、マナーモードのしかたがわからなかったのですが電源のところにありました。

GPS
iPhoneでは3Gのみだと自宅にいるとかなりGPSの精度が悪いんで、LYNX 3Dではドコモの基地局がソフトバンクより多いことから精度があがることを期待したんですが指すところはiPhoneと一緒でした。

ブラウザ
そういや、Android 2.1はFlash Lite対応なんですね。映画の公式とかは結構みれますね。

ブラウザの読み込み速度などはiOSのSafariと比べても特に遅いってことはないですね。

地味に不便なのがブックマークをPCと同期する手段について。これって標準でGoogleがめんどうみてくれてもいいのになぁ。

ニコ動
そういや、ニコニコPlayer(仮)ってアプリを入れてみたんですが、結構いい感じで見れますね。

iOSのニコ動の公式アプリは最近はWiFiではだいぶよくなってきたんですが、それ以上にみれる印象です。

ATOK
上に書いたけど、変換精度以前にタッチパネル周りのレスポンスが悪くていいんだか悪いんだかって感じです。

Androidマーケット
いや~、噂に聞いてたけど通り使いづらいですw。

Ferica
ついてるけど全然対応サービスが無いw。そんなわけで来年まではじまらないっぽいですね、コレ。

カメラ
さすがに日本の携帯メーカーなので撮影モードなどが充実してますね。フラッシュ用のライトなんかもあります。

ただ、なんかiPhone 4よりすごく綺麗に撮れるって感じはしないですね(地味にiPhone 4のHDR撮影が偉大なんだな)。むしろ動画はiPhone 4の方が綺麗に撮れてるなぁ。あと、暗所でノイズがよくのってるなぁ。

ワンセグ
ワンセグ付きのガラケー使ってたとき受信感度とか使い勝手とかあんまり変わらない感じです。

総評
細かいところはなんか洗練されてないのですが一通りの機能はそろってますし、ブラウジングとかメール周りはあんまり大きな問題点が無い感じなので1台持ちできるスマートフォンでいいんじゃないでしょうか。あと、「ソフトバンクゼッタイ、イヤ」って人が持つにはいいんじゃないですかねぇ。

3Dに関してはまぁ短期的にはネタになるとは思うんですが、ユーザーとしては無くても困らないですねぇ。シャープがどのぐらいコンテンツをひっぱってこれるかによりますが3DSに比べるとどうでしょうかねぇ。

2010.12.03

LYNX 3Dゲット

LYNX 3DことSH-03C、ようはシャープの3DのAndroid端末に機種変してきました。

予約してなかったのですが有楽町のビックカメラにはフリー分もあってなんとか契約できまし。

使い勝手などのまとめやiPhoneとの比較などしばらくやっていきたいと思います。

5E77EA56-9254-4EC9-89C1-4E1E8F1B2F37

iOSのUDKの話題

iOS版のUDKの話題がでてるようですね.ツールの使用自体は無料で使えることになりそうですね.

http://www.macworld.com/article/155897/2010/11/epic_games_unreal_ios.html

http://www.cultofmac.com/epic-to-release-unreal-development-kit-to-ios-devs-for-free/71956

リリース時期についてのニュースはないようですね.

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »