フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« iOSのPhysXで出来ること出来ないこと | トップページ | 気づいたら »

2011.01.22

UDK Mobileの新しいサンプルをiPadで試してみた

UDK January 2011のMobile版には新しいサンプルが付属してました。

最初のリリースでは、Epic Citadelとシンプルな城塞のサンプルでしたが、今回はゲームのサンプルとKismetのチュートリアルが入ってました。Kismetはゲーム中のイベントなどを作成するインターフェイスですね。

サンプルのゲームはクォータービューの見下ろし型の3Dシューティングですね。3Dのモーションするキャラクターが動いて、撃って、得点処理や死亡処理、メニュー、サウンドなど一通り実装されたものですね。ゲーム処理がちゃんと実装されたサンプルですね。コアなFPSやTPSではなくカジュアルなゲームのサンプルなのはいいサンプルだなぁ。

とりあえず、PCで起動、iPadへ転送してのプレイなどやってみました。よく動いてると思います。このぐらいのゲームでもiOS向けに1からプログラム書いてつくることを考えるとこういう統合型のツールってもうちょっと学んでいかないとなぁ...と思います。

Udksamples001
クリックすると大きなサイズになります。

Udksamples003
クリックすると大きなサイズになります。

Udksamples002
クリックすると大きなサイズになります。

iPadで動作させてみた動画。

« iOSのPhysXで出来ること出来ないこと | トップページ | 気づいたら »

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iOSのPhysXで出来ること出来ないこと | トップページ | 気づいたら »