フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« TimeCapsule設置 | トップページ | 土日が仕事になると »

2011.07.10

思い切ってUnityのiOS版のライセンスを買ってみた

ちょっと思い切ってUnityのiOSのライセンスを買ってみました。

とりあえず、過去にちょっと物理エンジンの実験で作ったシーンをiPad2に転送してみました(もともとiOSの開発者ライセンスを持っていたので)。BuildからXcodeプロジェクトが生成されてビルドしたら実機側で動きました。結構お手軽でした。

とりあえず、Mac上のUnityでの動作とiPad2で動かしたものの動画を撮ってみました。1080Pで撮ってるのでフルスクリーンで見るとよく分ると思います。

このシーンは、PhysXのJointでカプセルをつないだり、落下物の質量変えたり、Breakable Jointを使ってみたりと機能として色々と使ってみてます。これをiPadに転送したらどのぐらい再現されるかということで試してみました。結果としてはこのあたりの剛体物理はちゃんと動いてくれますね。

いまいちiOSでの物理エンジンの動作がわからんかったんですが、ちゃんとこのあたりは動いてくれるんですねぇ。ちょっと色々と誤解してましたが、これは楽しい道具になりそうです。

« TimeCapsule設置 | トップページ | 土日が仕事になると »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TimeCapsule設置 | トップページ | 土日が仕事になると »