フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« BIC WiMAXの解約 | トップページ | スタンドアロンとの違い »

2011.07.16

Web Playerビルドテスト : PhysX Joint紹介アプレット

iPad向けのビルドはしょっちゅうやってるんですが、Web Player向けはしてなかったのでテスト。

http://www.shader.jp/misc/unityJoinyTest/jointTest.html

内容的には以前作った物理エンジン(PhysX)のJoint紹介用に作った物。基本的には、PhysXのJoint機能で提供されてるものが使えます。

Fixed

最初に出てくるのは、Fixed Joint(固定)。赤と緑それぞれ円のメッシュの周囲にボックスが固定されてるジョイント。緑の円の方でクリック連打で回転です(トルク与えてます)。

Hinge

Hingeボタンで出てくるのは、Hinge Joint。ヒンジということで蝶つがい的な感じです。実際には接続部分に回転軸が1本って感じです。赤いところをクリックするとジョイントが有効になります。

Spring

Spring Jointはバネ。球と球の間にバネ的な力がかかってます。

Breakable

最後は、Breakable Joint。一定の力が加わるとJointの結合が切れます。最初に上から落ちてくるオブジェクト2つは重量などからJointを切断する力はないのですが、3つめのオブジェクトは重めに質量設定してあって重力による加速も加わってJointを切断します。

« BIC WiMAXの解約 | トップページ | スタンドアロンとの違い »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« BIC WiMAXの解約 | トップページ | スタンドアロンとの違い »