フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011.08.31

Unity Technologies BlogからマルチプラットフォームでのHLSL/Cg/GLSLシェーダのコンパイルについての話題

ちょっと最近、HLSLとCg、GLSLの3つのシェーダ言語を使ってマルチプラットフォームで開発することについて色々と考えていたり調べたりしていたのですが、Unityの技術blogにUnityのマルチプラットフォームでのシェーダの扱いに関しての興味深い記事がありました。

Shader Compilation for Multiple Platforms
http://blogs.unity3d.com/2010/10/20/shader-compilation-for-multiple-platforms/

Unityではモバイルプラットフォーム(iOSデバイスやAndroid)をサポートするまではCg/HLSL でシェーダを記述するのが基本みたいで、オプションの設定をすればGLSLが書けるということだったみたいです。

ただ、これだとマルチプラットフォームで動かす場合、特にOpenGL ES 2.0では動かせないので、かつてATIが公開していたオープンソースツールのHLSL2GLSLをフォークさせて新たなツールを作って自動トランスコードをして問題を解決したみたいですね(名前が微妙なのは認めてるようだ)。

ちなみに、hlsl2glslforkを使う際の注意点ですが、HLSLやCgのコードに#includeやプリプロセッサが使われているとうまくトランスコードすることができないのでそういうのは1つのファイルに展開する必要があります。このあたりはトランスコードの前準備のためのツールとか欲しいですね。

hlsl2glslforkプロジェクト
http://code.google.com/p/hlsl2glslfork/

これで、自動でシェーダの変換が出来てバンザイ…とは行かず、このhlsl2glslforkでモバイル向けにGLSLを出力した場合、最適化がうまくいっていないようで激遅なようですね。そこでMesa3Dで開発しているGLSLコンパイラを調査したところなかなかいい感じだったみたいですね。そしてそこからglsl-optimizerというのを作ったみたいですね。これでパフォーマンスの問題はかなり改善したようですね。

glsl-optimizer
https://github.com/aras-p/glsl-optimizer

このblog記事は2010年の10月のものですが、この段階では次のステップとしてOpenGL ES 2.0のシェーダにある精度まわり(lowp/mediump/highp)のトランスコードもうまくやりたいようですね。Cgなんかだとhalf型なんかがあってhalf型を使うとサイクル数が減少する環境もあるのでそうしたものを考慮するってことなんでしょうね。

昔はシェーダはHLSLやCgでだいたい用事が住んでいたのですが、コレにぜんぜん違う構文のGLSLが加わってくると色々とシェーダの使い回しや記述、管理に頭を悩ませることが増えると思うのですが自動トランスコードと自動最適化でGLSLは人間が書かないという発想はいいかもしれませんね。

オライリーから出るUnityの日本語の書籍

最近Unityブームがきてますが、日本語の書籍がついに出るみたいですね。

http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115061/

日本語の書籍が出るとさらに利用が増えるかな?

Unityによる3Dゲーム開発入門 ―iPhone/Android/Webで実践ゲームプログラミング
Unityによる3Dゲーム開発入門 ―iPhone/Android/Webで実践ゲームプログラミング宮川 義之 武藤 太輔

オライリージャパン 2011-09-10
売り上げランキング : 92


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

uScriptテスト

とりあえず、適当なシーンを組んでみてマウスクリックでゲームオブジェクトに影響を与えるテスト(動画は1080pなので適当に解像度上げてフルスクリーン化してください)。

Input EventとInput FilterとAddForceノードの接続をしてマウスクリックでRigidBodyに力を加えるというのをやってみた。とりあえず、入力イベント処理からGameObjectへの適用あたりまでがわかったので使っていけそうです。

たまにEditorのノードのインクリメンタルサーチが重くなる感じなのがちょっとなぁ…。とは言え、使い方がわかればJavascriptやC#でスクリプトを書かずに済むので非プログラマ向けには良さそうです。

SoftimageでICEとか使ってる人はわりと馴染めそうですねぇ。

2011.08.30

uScriptを買ってみた

UnityのプラグインでビジュアルスクリプティングができるuScriptを購入してみました(リリース記念で50% offらしいので)。

http://u3d.as/content/detox-studios-llc/u-script-visual-scripting-tool/2fc

とりあえず、下記の動画などを見ながら使い方を勉強中。

http://www.youtube.com/user/uScriptTool

スタンフォード大学のデジタル写真の講義の資料

人から聞いたスタンフォード大学のDigital Photographyの講義資料。

http://graphics.stanford.edu/courses/cs178-11/

デジタル写真の撮影手法とかライティングとかレンズとか色々。自分が写真を撮るためだけじゃなくCGにも繋がる話だから見ておこう。

2011.08.29

AMD GPU PerfStudio 2を試す

とりあえず、軽くAMD GPU PerfStudio 2を試す。このツールは簡単に言うと、AMDのPIXみたいなもん。

まずは起動すると下記の画面。Fileメニューもしくは左上のディスプレイのアイコンの"Connect"する。

Ss004

下記のようなダイアログが出たら分析する実行ファイルを指定。今回はDirectX SDKのDirect3D11のシャドウマップのやつ。

Ss006

そしたら1フレーム停止ボタンして、フレーム分析をかける。

頂点シェーダ
Ss002

Output Merger
Ss001

シェーダコードが見れるだけでなくその場で編集機能などはいいですね。

とりあえず、自宅のメインマシンのシェーダ分析などにはこれを使おう。

自宅PCでシェーダ書くのをガシガシ再開するために...

そろそろ自宅でシェーダをガシガシ書いていくのを再開するためにシェーダ関連のツールのインストールなどを進める。

今は、Radeon使ってるのでまずはAMDのGPU PerfStudio 2入れる。

http://developer.amd.com/tools/PerfStudio/Pages/default.aspx

SIGGRAPH Asia 2011の論文

おっと、12月のSIGGRAPH Asia 2011の論文が出てきてましたか。

http://kesen.realtimerendering.com/siga2011Papers.htm

まだまだタイトルだけですが、チェックしていかないと。

2011.08.28

ハードな8月

8月は全然休みがなくてハードな生活が続いてますねぇ。

9月もちょいロスタイムありそうだなぁ。

2011.08.27

uScript販売開始

uScriptがAsset Storeで販売開始になってますね。

http://u3d.as/content/detox-studios-llc/u-script-visual-scripting-tool/2fc

$95だそうですね。

チュートリアル動画などは下記。

http://www.youtube.com/user/uScriptTool

2011.08.24

UDK 8月版

UDKのAugust 2011が出てますね。

http://www.udk.com/news-beta-aug2011

動画キャプチャ機能とかはいいと思うんですが、新機能の下の方にさらっと

"iCloud document saving for iOS is now supported"

iOSだとiCloudに何かを保存できるのか。このdocumentってどういったものだろうなぁ。セーブデータとかの保存とかに使えないのかなぁ。あとで、詳細な情報を読んでおくか。

2011.08.23

三菱の3D液晶ディスプレイがだいぶ値下がりしてるなぁ

なんか、Amazonで三菱の3D液晶ディスプレイがだいぶ値下がりしてるなぁ。

出た頃から1万円ぐらい下がってる。

3Dディスプレイ1台欲しかったから買うかなぁ。普段使うディスプレイとしても悪くなさそうだし。

MITSUBISHI 3D対応23型ワイド液晶ディスプレイ RDT233WX-3D(BK)
MITSUBISHI 3D対応23型ワイド液晶ディスプレイ RDT233WX-3D(BK)
三菱電機 2011-05-30
売り上げランキング : 649


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今週を乗り切れば

今週を乗り切れば、色々と時間が出来るんですが、なかなか。

2011.08.20

ここのところ

ここのところ締め切りで休む間もない。

とにかく8月を無事に乗り切れれば。

2011.08.18

リアルタイム3DCG関連の書籍が2冊発送された

Amazonで注文していたリアルタイム3DCGな書籍が2冊発送されました。

1冊は、Direct3D11の本で"Practical Rendering and Computation with Direct3D 11"。

http://www.crcpress.com/product/isbn/9781568817200

もう1冊は"Real-Time Shadows"。

http://www.crcpress.com/product/isbn/9781568814384

Practical Rendering and Computation with Direct3D 11
Practical Rendering and Computation with Direct3D 11Jason Zink Matt Pettineo Jack Hoxley

A K Peters/CRC Press 2011-08-04
売り上げランキング : 12202


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Real-Time Shadows
Real-Time ShadowsElmar Eisemann Michael Schwarz Ulf Assarsson Michael Wimmer

A K Peters/CRC Press 2011-08-04
売り上げランキング : 7052


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Cilk Plusがオープンソース化

IntelのCilk Plusがオープンソース化したんですね。

http://sourceforge.jp/magazine/11/08/17/0515246

ライセンスがBSDというのはTBBよりも使いやすそうでいいですね。

2011.08.17

URoad-7000から8000になって

やっぱり、URoad-8000になってWiMAXの利用頻度が増えました。

とにかくバッテリーの持続時間が長いのと手軽にUSBで充電できるというのは大きいなぁ。

11gまでがちょっと残念ですが全体的な利便性の向上は大きい。

2011.08.16

MinecraftのAndroid版

MinecraftのAndroid版が出てますねぇ。gamescomにあわせてかねてから予告のあったXperia Play向けにって事なんでしょうねぇ。

https://market.android.com/details?id=com.mojang.minecraftpe

デモ版
https://market.android.com/details?id=com.mojang.minecraftpe.demo

Xperia Playに合わせてるみたいで、Android 2.3以上じゃないとダメみたいですねぇ。自分のLYNX 3Dはダメですねぇ、残念。

2011.08.15

まだまだ仕事

今月はかなり仕事がスクランブル体制でまだまだ仕事。

けど、自分の抱えてる案件は確実に終わって来てるのであと少しだな。

2011.08.14

CEDEC 2011会期中の業界飲み会リスト

CEDEC 2011会期中の業界飲み会リストってのが下記みたいですね。

http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000011192

募集開始

なんか、裏CEDECの募集開始らしいです。

http://partake.in/events/3fb4c0e7-1293-49e6-9138-8a56f829b466

2011.08.12

ScreenFlow 3になって

ScreenFlow 2では、Intensity Proで映像のキャプチャができたんですが3になってからは選べないなぁ…。音声キャプチャはできるんですが...。

とりあえず、Mac Proの方は2も残しておこうかなぁ。

足あとが無くなってから

とんとmixiにログインすることがなくなりました。

アプリも正直、Facebookのゲームばかりでmixi使わなくなってきたなぁ。

GREEとかモバゲーあたりもやってない(最近はガッツリ遊ぶというよりは流行ってるソーシャルゲームを体験しておこうかとはじめようと思ってたり)ので、mixiもやめちゃっていいのかもなぁ。

2011.08.11

Unityを触ってるのはUnityでゲームを作りたいからというわけではない

最近、Unityネタが多いですが、まぁ別にUnityを触ることでUnityでゲームを作ることをゴールとしてやってるわけではないんですよねぇ。

色々と思うところはあるのですが、自分はゲームデザイナーではないので、プログラムを書かないでプロトタイピングできると言う所が魅力というよりは、以下のようなところから得られた知見から自分がインハウスなツールを作ったり提供したりする際の参考にしたいうところなんですよねぇ。

・統合型のゲームエンジンがどういうものか知る
・データやスクリプトドリブンでゲームを作る環境を知る
・Unityに組み込まれた各種ミドルウェアを試す

とは言え、だいぶ慣れてきたので実際になんか作れそうなところまでは来てるので作るかもしれないですけどね。

UnityでSubstanceの動作がわかる2つのデモ

UnityのアセットストアにAllegorithmicのSubstance(プロシージャルテクスチャ、マテリアルのツール)を使ったリアルタイムなデモのサンプルがありました。せっかくなので動いてるところをキャプチャしてみました。どちらも1080pで撮ってるので解像度変えてフルスクリーンにすれば細かいところまで見れると思います。

どちらも無料で公開されているのでSubstanceを使うとどうなのかということがリアルタイムに動かして出来るのでいいですね。

1つは、"Airstream Substance Demo"でこれはキャンプングカーの中でスライダーを動かすと室内の壁や床などのテクスチャが汚れていくというデモです。ベースとなる素材に対してパラメトリックにテクスチャを変えてくれます(アニメーションテクスチャ周りの機能もあって「汚れ」度合いに応じてGが...)。操作は一般的なFPSスタイルですが、SPACEキーでメニューなどが出てきます。

Airstream Substance Demo By Allegorithmic
http://u3d.as/content/allegorithmic/airstream-substance-demo/26X

もう1つは、"Custom Character w\ Substance"というデモでこちらはキャラクターの皮膚や衣服などのマテリアルを変更するデモで色や模様の変更などができます。ジャケットは模様で、ジーンズは破れなどが変えたりできます。キャラクタークリエイション的なデモですね。

Custom Character w\ Substance
http://u3d.as/content/allegorithmic/custom-character-w-substance/2cE

ScreenFlowの無料バージョンアップでハマりメモ

Macでのデスクトップの動画キャプチャソフトでScreenFlowを使ってるのですが、メジャーバージョンアップが来たようで通常は$29かかるみたいなんですが、アップグレードクーポンのメールが来て無料でできるとのことでした。

http://www.telestream.net/screen-flow/

ただ、メールの通りやるとなんか日本の代理店のイーフロンティアのサイトに繋がってバージョンアップができませんでした。

そこで、Macの言語を英語にしたところバージョンアップ手続きの所がちゃんと進んで無事に解決しました。

2011.08.10

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯してきました。

抜歯って大変かとおもいきや麻酔効いてたらあっという間に終わるもんですね。今回は上の歯だからかなぁ。

ただ、麻酔切れてくると不快感なるなぁ。

フィルムカメラとレンズを頂いた

P8100090

父の実家の方で、10年以上前に亡くなった祖父の遺品を整理していたそうで、その際に祖父が趣味で使っていたフィルムカメラやレンズが出てきたそうで、実家では使わないということで写真のカメラやレンズを数本いただいてきました(まだあるかもと言われたので出てきたらその時)。

とりあえず、レンズなどは順番に今のデジカメで使えるかどうか(コンバータを買えば)調べて行かないとなぁ。

2011.08.09

薄めのMacbook Airのケースを買ってみた

P8090076

先日、Macbook Air用に吉田カバンのケースをかったんですが、それはそれでいいんですが薄いカバン用に薄くて安めのインナーケースをもう一個買ってみました。

P8090074

こんな感じで重ねてみるとかなりサイズ的にはぴったりな感じですね。

P8090077

だし入りも割としやすい。

吉田カバンのケースとの比較。意外と幅は吉田カバンのケースのほうが短いですね。ポケットの有無とかは違いますね。

P8090079

とりあえず、入れるカバンによって使いわけます。吉田カバンのやつはポケットがあってVGAとかDVIのアダプタを入れるにはいい感じなんですよね。なので基本が吉田カバンのやつで、薄くしたい時はサンワサプライのかな。

吉田カバンのは値段が貼るので、安くてぴったり合うのとなるとこれは結構オススメな感じですねぇ。

SANWA SUPPLY Mac Book Air用プロテクトスーツ(11.6インチワイド) IN-MAC11BK
SANWA SUPPLY Mac Book Air用プロテクトスーツ(11.6インチワイド) IN-MAC11BK
サンワサプライ
売り上げランキング : 112


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

SIGGRAPH 2011 Technical Papers Video Preview

なんか順序が逆な気がするけど、SIGGRAPH 2011 Technical Papers Video Preview。

SIGGRAPH 2011 Papersより:Toward High-Quality Modal Contact Sound

SIGGRAPH 2011が始まりましたが、今日気になった論文は"Toward High-Quality Modal Contact Sound"。

Toward High-Quality Modal Contact Sound
http://www.cs.cornell.edu/projects/Sound/mc/

剛体の衝突音生成手法みたいですね。サウンドは専門外ですが、ゲームには取り入れたら面白そうな論文ですね。

動画の2分54秒あたりのルーブ・ゴールドバーグ・マシン(ピタゴラスイッチ的な)のサンプルなどを見てるとやっぱりゲームに使ってみたいネタですね。

2011.08.08

URoad-8000数日持ち歩いて

今月から、WiMAXルーターをURoad-7000からURoad-8000に変えたのですが、やっぱり電池の保ちが長いのはいいですね。

7000だと通勤の往復で結構いっぱいいっぱいなのですが、8000だとだいぶ余裕。

あと、USB給電ではなく充電になったのもうれしいところ。

WiMAX Wi-Fi モバイルルータ URoad-8000
WiMAX Wi-Fi モバイルルータ URoad-8000
株式会社シンセイコーポレーション
売り上げランキング : 17499


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お盆も休まず営業

ってことで、今年は夏休みなくなっちゃったので仕事です。

SIGGRAPHの季節

今年もSIGGRAPHにはいけませんが、ネットで見てても色々なネタが出てくるからネタには困らない季節がきたなぁ。

2011.08.06

Mali 400でFSAAするUnityの拡張

Samsung GalaxyS IIとかに搭載のGPU Mali 400でFSAAできるようにするUnityの拡張なんてものがでてるんですねぇ。

http://u3d.as/content/unity-technologies/arm-mali-fsaa-enabler/2bi

なかなか、Mali 400のパフォーマンスはよいらしいって話なのでちょっと気になるなぁ。

2011.08.05

無料版CryEngineはSIGGRAPH 2011でお披露目か?

SIGGRAPH 2011のCryTekのスタジオワークショップの"World Creation in CryENGINE"では、

This session shows how to build a small level in the freely available CryENGINE 3 SDK.

という記述がありますな、いよいよ無料版来ますかねぇ。

World Creation in CryENGINE
http://s2011.siggraph.org/s2011/node/12900

2011.08.04

UDKをMacbook Airで動かしてみた動画

Macbook AirでUnityを動かすというのはやってみましたが、BootcampしたWindows 7 64bitでUDKを動かしてみました。1080pでフルスクリーンで見ればそこそこ画面の様子がわかると思います。

とりあえず、思ってたよりもIntel HD Graphics 3000が頑張って動いてるなぁ。サンプルならそこそこ動くなぁ。

2011.08.03

Kinect for Windows SDK beta 1 refresh リリース

MicrosoftのKinect SDKのRSS見てたら7/29付でKinectのSDKのバージョンがあがったみたいですね。

http://research.microsoft.com/en-us/um/redmond/projects/kinectsdk/download.aspx

WiMAXルーター再び

先月で1年ということでWiMAXを解約したんですが、今月からまた再開。

機種変みたいなのがないから新しいルーターを安く買うには解約→新規になっちゃうよなぁ。

とりあえず、今回はURoad-8000にしました。バッテリー重視 & USB充電できるということで。

2011.08.02

やっぱり重いので

もしやと思って楽天の方見たらそっちでも在庫のあるショップがあったので注文変更。

やっぱ、100Whは重いんだよなぁ。

60Whから100Whに

あ、なんかGmailのスパムフィルターに入ってたせいで気づかなかったが60Whは売り切れでキャンセルのメールが来てしまった。

思い切って100Whにするか。

HypeJuiceを注文できた

なんか、Amazon自体の在庫は無いけどマーケットプレイスだとHyperJuiceの在庫があるらしいということで60Whのを注文(今は100Whだけ在庫があるみたいですね)。

http://ascii.jp/elem/000/000/603/603617/

100Whだと1日使う分には安心感高いんですが730gは重いんだよなぁ〜。なので、60Whで。

2011.08.01

Eurographics 2011 Paperより"Dynamic Display of BRDFs"

Eurographics 2011 Paperより"Dynamic Display of BRDFs"。

http://www.mpi-inf.mpg.de/~hullin/projects/brdfDisplay/

液体金属を振動させて異方性反射する面を作るのか〜。そんでBRDFマテリアルの表面を再現するのか。

液体は、ガリウム、インジウム、スズの共晶合金なのか(この辺についてはもうわけわかりません。そもそも単なるCG研究者ではこういう発想は無理だ)。

どうやら、これはガリンスタンと言うみたいだなぁ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3

ガリンスタン (Galinstan) はガリウム、インジウム、スズの共晶合金で、常温で液体の金属である。ドイツのゲーラテルム・メディカル株式会社 (Geratherm. Medical AG) が開発し、Galinstanは同社の登録商標である。名前は各元素のラテン名、ガリウム (Gallium) - インジウム (Indium) - スズ (stannum) に由来する。

Autodesk製品は学生は無料ダウンロードできる?

All Autodesk software free to students and educators, and betas for everyone
http://www.realtimerendering.com/blog/all-autodesk-software-free-to-students-and-educators-and-betas-for-everyone/

あれ?なんかすごいことになってないか、コレ。

AutodeskがEducation Communityってのをはじめて、学生と教員は登録すると30製品が無料ダウンロードできるのか。ライセンスの条件は色々と確認してみないといけませんが、製品の一覧はすごいことになってるなぁ。

http://students.autodesk.com/

ダウンロード
http://students.autodesk.com/?nd=download_center

俺も放送大学にでも入学しようかなぁ。

ちなみに、ライセンスの条件っぽいのがダウンロードのところのImportant Noteのところの。

Important Note :The Autodesk Student Version software incorporates all the functionality of our professional licenses, but includes a print banner making the software inappropriate for professional, commercial, or for-profit purposes. Autodesk Student Version software may not be used in the classroom or lab for instructional purposes, or for commercial or for-profit purposes. Annual licenses of Autodesk student software are not eligible for product upgrade or transfer to a commercial license. View print banner sample.

あたりが大雑把なものだと思います。とりあえず、当たり前ですが教育、研究用途が目的の公開で商用利用不可ですな。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »