フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« ScreenFlowの無料バージョンアップでハマりメモ | トップページ | Unityを触ってるのはUnityでゲームを作りたいからというわけではない »

2011.08.11

UnityでSubstanceの動作がわかる2つのデモ

UnityのアセットストアにAllegorithmicのSubstance(プロシージャルテクスチャ、マテリアルのツール)を使ったリアルタイムなデモのサンプルがありました。せっかくなので動いてるところをキャプチャしてみました。どちらも1080pで撮ってるので解像度変えてフルスクリーンにすれば細かいところまで見れると思います。

どちらも無料で公開されているのでSubstanceを使うとどうなのかということがリアルタイムに動かして出来るのでいいですね。

1つは、"Airstream Substance Demo"でこれはキャンプングカーの中でスライダーを動かすと室内の壁や床などのテクスチャが汚れていくというデモです。ベースとなる素材に対してパラメトリックにテクスチャを変えてくれます(アニメーションテクスチャ周りの機能もあって「汚れ」度合いに応じてGが...)。操作は一般的なFPSスタイルですが、SPACEキーでメニューなどが出てきます。

Airstream Substance Demo By Allegorithmic
http://u3d.as/content/allegorithmic/airstream-substance-demo/26X

もう1つは、"Custom Character w\ Substance"というデモでこちらはキャラクターの皮膚や衣服などのマテリアルを変更するデモで色や模様の変更などができます。ジャケットは模様で、ジーンズは破れなどが変えたりできます。キャラクタークリエイション的なデモですね。

Custom Character w\ Substance
http://u3d.as/content/allegorithmic/custom-character-w-substance/2cE

« ScreenFlowの無料バージョンアップでハマりメモ | トップページ | Unityを触ってるのはUnityでゲームを作りたいからというわけではない »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ScreenFlowの無料バージョンアップでハマりメモ | トップページ | Unityを触ってるのはUnityでゲームを作りたいからというわけではない »