フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« UnityでSubstanceの動作がわかる2つのデモ | トップページ | 足あとが無くなってから »

2011.08.11

Unityを触ってるのはUnityでゲームを作りたいからというわけではない

最近、Unityネタが多いですが、まぁ別にUnityを触ることでUnityでゲームを作ることをゴールとしてやってるわけではないんですよねぇ。

色々と思うところはあるのですが、自分はゲームデザイナーではないので、プログラムを書かないでプロトタイピングできると言う所が魅力というよりは、以下のようなところから得られた知見から自分がインハウスなツールを作ったり提供したりする際の参考にしたいうところなんですよねぇ。

・統合型のゲームエンジンがどういうものか知る
・データやスクリプトドリブンでゲームを作る環境を知る
・Unityに組み込まれた各種ミドルウェアを試す

とは言え、だいぶ慣れてきたので実際になんか作れそうなところまでは来てるので作るかもしれないですけどね。

« UnityでSubstanceの動作がわかる2つのデモ | トップページ | 足あとが無くなってから »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« UnityでSubstanceの動作がわかる2つのデモ | トップページ | 足あとが無くなってから »