フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Battlefield 3のβテスト | トップページ | 9月終了 »

2011.09.28

UnityからFlashへのビルド

Unite 11でUnityのFlashエクスポートの具体的な話がでたのですが、下記のblogで簡易的なまとめがあります。

http://www.catburton.co.uk/blog/2011/09/28/unite11-exporting-to-flash-from-unity/

UnityからのFlashエクスポートはASになってmxmlc compilerでSWFになるとのことですね。Flash界隈詳しくないのですが、上ではそんな感じで書かれてますね。

それから最初のリリースでの段階で何がエクスポートできてできないのかというのもありました。これはFlashの仕様の問題(たとえば、Audio関連はFlashのAudioの仕様上難しいという話を聞きました)と作業的に間に合わなかったの両面なんでしょうね。

最初のリリースで出力できるもの
PhysX(物理エンジンを使ったもの)
パーティクルシステム
カスタム、標準シェーダ

最初のリリースでは使えない機能
深度テクスチャを必要とする処理(ポストエフェクトとかシャドウマップでしょうね)
ドップラーやリバーブなどのオーディオのちょっとした拡張機能
ダイナミックシャドウ(深度テクスチャ使えないですし)
マウスロック
Unityのネットワーク機能(Flashのネットワーク機能を使う必要あり)

ネットワーク機能なんかはそのうち置き換えができるのかもしれないですが、それ以外はFlashの仕様な感じですかねぇ。まぁ、Flash 11になると状況が変わるものもあるかもしれませんが。

あとはパフォーマンスがどうなのか気になるところですね。

« Battlefield 3のβテスト | トップページ | 9月終了 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Battlefield 3のβテスト | トップページ | 9月終了 »