フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Qualcommのモバイル向けComputer Vision SDKリリース | トップページ | Native ClientのBulletのデモがChrome Web Storeにあった »

2011.10.28

CordifyというiPadアプリを購入。可能性を感じさせるLuaで作れるゲームクリエイションアプリ

ここ最近、iPadのCordifyというアプリが話題になっていたのですが、会社の同僚に勧められて自分でも買ってみました。

http://twolivesleft.com/Codify/

このアプリは、iPad上でLuaスクリプトを書いてゲームが作れるゲームなんですが単独でゲーム作れるってのはAppleの機嫌の問題でなかなか無かったんですが、いや〜、これはすごく可能性を感じさせます。

これはゲームを開発するツールやプロトタイピング、ゲームデザイン、レベルデザインツールとしてiPadを使っていくというきっかけになりそうです。

それから、iPad単独で作って遊べるので子供向けの教育、知育ソフトの形としても良さそうです。CordifyはLuaなんですが、MITのScratchのようなものが出てくると本格的に子供に遊んでもらえる環境になりそうだよなぁ。

« Qualcommのモバイル向けComputer Vision SDKリリース | トップページ | Native ClientのBulletのデモがChrome Web Storeにあった »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Qualcommのモバイル向けComputer Vision SDKリリース | トップページ | Native ClientのBulletのデモがChrome Web Storeにあった »