フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Strumpy Shader Editorの導入記事書いた | トップページ | docomoのWiFi 18ヶ月無料 »

2011.10.03

SIGGRAPH Asia 2011の論文より:Animated Construction of Line Drawings ~線画からその絵を描画するアニメーション構築

SIGGRAPH ASIA 2011の論文がかなりそろってきたので面白そうで紹介しやすい論文をしばらくここで紹介していきます。

で、第1回は、Animated Construction of Line Drawings。

Animated Construction of Line Drawings
http://sweb.cityu.edu.hk/hongbofu/projects/animatedConstructionOfLineDrawings_SiggA11/

この論文は線画の画像を与えると、それを描くアニメーションを生成してくれるみたいですねぇ。静止画から作ってくれるようで、書き順情報とかいらないみたいです。詳細はまだあんまり読んでないのでなんとも言えないのですが、線からストロークになるところ解析してって感じなんでしょうかねぇ。

研究成果が実装されたWindows用のソフト、ソースが公開されているので試してみるにはいいかもしれませんねぇ。線画ということで、日本の漫画とかを入力に使ってみるのは面白そうですね。

そういえば、ユーザーが描いた線画のストロークを解析して再現ってのはSCEEのEyePeyなんかでもやってるみたいですねぇ。CEDECの時にそういう話がありました。ただ、あれはこれほど複雑なものはちょっと難しそうですが。

「PS Eye」を使ったPS3「EyePet」のAR演出法
2D画面に擬似3D空間を出現させて楽しむコミュニケーション
http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20110909_476325.html

« Strumpy Shader Editorの導入記事書いた | トップページ | docomoのWiFi 18ヶ月無料 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Strumpy Shader Editorの導入記事書いた | トップページ | docomoのWiFi 18ヶ月無料 »