フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Strumpy Shader Editorの導入記事第2回を追加しました | トップページ | PhysX SDK 3.1がきてた »

2011.10.03

Strumpy Shader EditorをUnity Proで使ってみた

Strumpy Shader EditorをUnity Proで使うとリアルタイムプレビューができるということで試してみたんですが、なるほど。

あとエディタ左上のInstruction Count(シェーダ命令数の表示)が有効にならないと思ってたらこれもPro版の機能でしたか。これはシェーダの保存やエクスポートすれば表示されるのでFreeでも大丈夫でした。

Pro


« Strumpy Shader Editorの導入記事第2回を追加しました | トップページ | PhysX SDK 3.1がきてた »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Strumpy Shader Editorの導入記事第2回を追加しました | トップページ | PhysX SDK 3.1がきてた »