フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« ノードベースのUIを自前で作ってみたい | トップページ | iOS 5.0のGLKitのReference »

2011.10.24

UDKのマテリアルエディタとUnityのStrumpy Shader Editor

UDKも使えるようになっておきたいと思って色々といじってるんですが、UDK(Unreal Engine)のマテリアルエディタとUnityのアセットStrumpy Shader Editorが結構似た作りになってることに気がつきました。Strumpy Shader Editorの開発者は元々は、2K AustraliaでBioshockの開発に関係していた人だという話なのですが、BioshockはUnreal Engine 2.5改(最新のInfinityは3という話)なので似た作りは意図的なのかもなぁ...。

UDKのものの方が出力結果が多いですが、基本的な項目(DiffuseとかSecularやPowerなど)は似たような感じで備わってるので、Unreal Engineのやり方をアーティストが習得しているとStrumpy Shader Editorを使ってUnityでマテリアルを作成すると言うことへ移行してくれやすいかもしれませんね。

アーティストにとって相互に行き来しやすい(本当はデータごと持ち運びできればいいのですが)ということで触ってくれやすくなるかもなぁ...。

Unrealmaterial
UDKのマテリアルエディタ

Unity
Strumpy Shader Editor

« ノードベースのUIを自前で作ってみたい | トップページ | iOS 5.0のGLKitのReference »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ノードベースのUIを自前で作ってみたい | トップページ | iOS 5.0のGLKitのReference »