フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« URoad-8000のWiMAX上り速度とか11n対応とかどうなるんだろう...と思ったら | トップページ | Macbook Air 11インチ用のバッグを購入 »

2011.11.15

GL_EXT_shadow_samplers拡張の仕様書〜iOSデバイスでも本格的にShadow mapの利用が可能に

iOS 5.0になってiPhone 4やiPad2にGL_EXT_shadow_samplersという拡張が増えてて謎だったんですが、ようやく仕様書を発見。

http://www.khronos.org/registry/gles/extensions/EXT/EXT_shadow_samplers.txt

やはり、Apple提案で、Date: July 22, 2011ということでかなり最近のものですね。

とりあえず、Overview見ると、

This extension supports comparing the texture R coordinate to a depth
texture value returning the result as a float value in the range [0,1].
This can be used to implement shadow maps.

ふむふむ、やはりShadow map用の拡張でしたか。

利用には、GLSLの新しいsamplerタイプ

sampler2DShadow

とサンプラー参照命令を使うようですね。ESじゃないOpenGLのGLSLにあるshadow2Dと同じ感じかな?

float shadow2DEXT(sampler2DShadow sampler, vec3 coord);
float shadow2DProjEXT(sampler2DShadow sampler, vec4 coord);

そういえば、UDKの10月号で、iOSの新機能が"God rays and shadows support added on iOS"な感じで、12月リリースのInfinity Blade 2では影をやってくるみたいですがこの拡張を使ってるのかなぁ。気になるところですね。

http://www.udk.com/news-beta-oct2011

あと、UnityでもiOSでダイナミックシャドウをサポートしてほしいところ。

« URoad-8000のWiMAX上り速度とか11n対応とかどうなるんだろう...と思ったら | トップページ | Macbook Air 11インチ用のバッグを購入 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« URoad-8000のWiMAX上り速度とか11n対応とかどうなるんだろう...と思ったら | トップページ | Macbook Air 11インチ用のバッグを購入 »