フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Tiled Resources for Xbox 360 and Direct3D 11の話を書いてみた | トップページ | 頂点シェーダテセレーション »

2012.01.19

AMD_pinned_memory拡張が気になる

「Radeon HD 7970」ではメガテクスチャ処理のGPUアクセラレーションが可能に!? GPUコンピューティング向けの工夫やディスプレイ周りをチェックする
http://www.4gamer.net/games/135/G013536/20120106063/

AMDは,2011年6月に米ワシントン州ベルビュー市で開催した「Fusion Developer Summit 2011」において,GCNでGPUにアドレス変換キャッシュ(ATC:Address Translation Cache)を搭載することで,CPUとGPUが同じ仮想アドレスに64bitポインタでアクセスできるようにすると明らかにしていた。
 CPU側のIOMMU(Input/Output Memory Management Unit,Intel製CPUでいうところの「Vt-d」)がGPU側の仮想メモリアドレスを物理アドレスに変換。一方,GPU側のMMU(Memory Management Unit)も,ATCを用いてCPUの仮想アドレスを物理アドレスに変換し,OSがIOMMUとMMUを管理下に置けるようにする。これにより,仮想メモリ空間上でCPUとGPUのデータ共有を実現するというわけだ。

さて、これはどうやるんだろう...。TwitterでDirect3D11.1にはAPIが無いっぽいと書いてる方がいて、C++ AMPからかなと個人的に予想してたんですが、

GL_AMD_pinned_memory
http://www.opengl.org/registry/specs/AMD/pinned_memory.txt

Overview
This extension defines an interface that allows improved control
of the physical memory used by the graphics device.

It allows the an existing page of system memory allocated by the application
to be used as memory directly accessible graphics processor. One example
application of this functionality would be to be able to avoid an explicit
synchronous copy whith sub-system of your application for instance it is
possible to directly draw from a system memory copy of a video image.

ふ~む、Last Modified Date: November 30, 2011か。

これはこれは。

« Tiled Resources for Xbox 360 and Direct3D 11の話を書いてみた | トップページ | 頂点シェーダテセレーション »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tiled Resources for Xbox 360 and Direct3D 11の話を書いてみた | トップページ | 頂点シェーダテセレーション »