フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« C++ AMPでCPUとGPUのパフォーマンス比較がしやすいサンプル | トップページ | Enlighten使用タイトルについての2012年1月版動画 »

2012.02.14

Unityのカットシーンエディターアセット:Aperture Cutscene Editor

Aperture Cutscene EditorというカットシーンエディターがUntyのアセットストアで販売されていたので購入してみました($40)。

http://u3d.as/content/kurt-loeffler/aperture-cutscene-editor/2F2

公式サイト
http://www.aperturecutscene.com/

フォーラム
http://forum.unity3d.com/threads/106442-Aperture-Cutscene-Editor

いや~、これは良いですね。ツールのイメージは下記のスクリーンショットのページをどうぞ。Unityってタイムラインでカメラとかオブジェクトを制御する仕組みが無いんですが、これを導入するとそれがUnityに組み込まれるのでカメラとか非インタラクティブなオブジェクトの制御がグラフィカルになっていい感じです。パスとかもちゃんとシーンビューに表示されてくれますし。これがあるとアーティストがUnity二感じてる不満を少しは取り払ってくれそうですね。有料ですが、$40ぐらいなら本格的にUnityを使ってる人からすると安いと思います。

スクリーンショット
http://www.aperturecutscene.com/?page_id=50

フォーラムに書かれてる機能一覧

・Intuitive Interface.
・Extremely powerful.
・Animate any number or vector variable on any script/component on an object.
・Trigger almost any function with custom parameters using Events.
・Easily extendable.
・Open source!
・Editor play preview button.
・Easily create animations with Curve Tracks.
・Trigger functions with Events.
・Trigger cutscenes from within other cutscenes.
・Cutscenes can be anything from traditional camera and object animation to scripted gameplay
events to invisible event chain triggering for non-programmers.
・3 types of Curve Track update modes, Action, Direct Variable Access, and Custom Expression.
・Easily add custom Actions and Events with a little programming.

サンプルをちょっと動かしてみた動画を撮ってみました。1080pで撮ってるので解像度変えてフルスクリーン再生するとGUIまわりもわかると思います。

« C++ AMPでCPUとGPUのパフォーマンス比較がしやすいサンプル | トップページ | Enlighten使用タイトルについての2012年1月版動画 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« C++ AMPでCPUとGPUのパフォーマンス比較がしやすいサンプル | トップページ | Enlighten使用タイトルについての2012年1月版動画 »