フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« ”Octree-Based Sparse Voxelization for Real-Time Global Illumination”はちゃんと読みたい話 | トップページ | SIGGRAPH 2012のTOG Papers: "Feature Adaptive GPU Rendering of Catmull-Clark Subdivision Surfaces" »

2012.05.29

またしゃべります

なんとなく、Game Community Summit 2012でしゃべります。

https://sites.google.com/site/gamecomsummit/

わりとこのblogとかShader.jpとかでは今更感のあるTile-based ○○ Rendering(○○はDeferredやForward)な話なのであんまり新しいネタでは無いです。新しすぎる話は勿体ないのでこのあたりの話題で。

とりあえず、Compute Shaderのスレッディングモデルとレンダリングパイプラインの組み込み例の話をしてCompute Shaderの紹介的な話ですね。

いつも話が予定時間より長めになるので今回は控えめに紹介的な話になると思います。

そういや、余談ですがWebCLが動くようになってWebGLのフレームバッファオブジェクトとやりとりがしやすいのであれば、ブラウザでTile-basedなレンダリングっていけちゃったりしないのかね~。

« ”Octree-Based Sparse Voxelization for Real-Time Global Illumination”はちゃんと読みたい話 | トップページ | SIGGRAPH 2012のTOG Papers: "Feature Adaptive GPU Rendering of Catmull-Clark Subdivision Surfaces" »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”Octree-Based Sparse Voxelization for Real-Time Global Illumination”はちゃんと読みたい話 | トップページ | SIGGRAPH 2012のTOG Papers: "Feature Adaptive GPU Rendering of Catmull-Clark Subdivision Surfaces" »