フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« OpenGL ES 3.0の仕様がSIGGRAPH 2012で来る? | トップページ | C++ AMPでDirect3D11のテクスチャとやりとりする話 »

2012.07.04

SIGGRAPH 2012の気になるコースメモ

Khronos groupのSIGGRAPH 2012のページで紹介されているコースのうち気になるモノメモ。

http://www.khronos.org/news/events/siggraph-los-angeles-2012

Virtual Texturing in Software and Hardware
http://s2012.siggraph.org/attendees/sessions/virtual-texturing-software-and-hardware

Virtual Texturingに関するコース、実装の考え方などの観点で解説があるっぽい。AMDなのでやはりPartially Resident Textureがどうなってるのか気になる。GDC 2012でセッションあったけども。

Beyond Programmable Shading
http://s2012.siggraph.org/attendees/sessions/beyond-programmable-shading

2010年にはTile-based Deferred Renderingなどの解説のあったコース。今年もすごく気になる。EA DICEのJohan Anderssonとか来るのか。

GPU Shaders for OpenGL 4.x
http://s2012.siggraph.org/attendees/sessions/gpu-shaders-opengl-4x

これも気になるところ。

« OpenGL ES 3.0の仕様がSIGGRAPH 2012で来る? | トップページ | C++ AMPでDirect3D11のテクスチャとやりとりする話 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OpenGL ES 3.0の仕様がSIGGRAPH 2012で来る? | トップページ | C++ AMPでDirect3D11のテクスチャとやりとりする話 »