フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 夏休み | トップページ | SIGGRAPH 2012のEnlightenのGeomericsのSam Martin氏の"Advanced Lighting for Mobile"がスライド公開 »

2012.08.15

OpenGL ES 3.0がCompute Shader対応しないから

ARMなんかは早々とTile-based Deferred Renderingをモバイル端末に向けてやってるんだなぁ。

[SIGGRAPH]DirectX 11級のグラフィックスがスマートフォンに。「Mali-T604」の実動デモが公開された「Exhibition」展示セクションレポート(前編)
http://www.4gamer.net/games/137/G013737/20120814059/

OpenGL ES 3.0のMRTとOpenCLでやってるわけか。

OpenGL ES 3.0とOpenCLって組み合わせだとアンチエイリアス処理に関しては色々と厄介そうだなぁ。それからTile-based Forward Renderingへの転用は困難だろうなぁ。フラグメントシェーダにライト情報を持ってくのが大変そうだ。

こうなるとWindows 8カーネルベースのARMデバイスの方がAPI的には有利になりそうだなぁ(GPUがFeature Level 11.0や11.1をちゃんとサポートするか次第だけど)。

« 夏休み | トップページ | SIGGRAPH 2012のEnlightenのGeomericsのSam Martin氏の"Advanced Lighting for Mobile"がスライド公開 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏休み | トップページ | SIGGRAPH 2012のEnlightenのGeomericsのSam Martin氏の"Advanced Lighting for Mobile"がスライド公開 »