フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« SIGGRAPH 2012のnvFXのセッション | トップページ | CEDEC Week »

2012.08.19

XAMLのUI上にDirect3Dの描画をすると

Windows 8でのWindowsストア向けのプログラムに慣れるため"XAML DirectX 3D shooting game sample"を見ているのですが、XMAL上にDirect3Dの描画をしているとちゃんとXAML上のUIをオーバーレイさせることができるんですねぇ。

XAML DirectX 3D shooting game sample
http://code.msdn.microsoft.com/windowsapps/Metro-style-DirectX-18f98448

このサンプルでは、MainPage.xaml上にDirect3D11.1描画を行うのですが、とりあえず、XAML DirectX 3D shooting game sampleのソリューションをExpression Blend for Visual Studio 2012で開いてMainPage.xamlにボタンとラジオボタンを追加。

Testxaml002

追加後はビルドして実行っと。無事にUIが表示されました。

Testxaml001

とりあえず、これでDirect3D上にグラフィカルなツールでUIを追加するということがやりやすくなりますねぇ。

そういえば、Expression Blend for Visual Studio 2012で新規プロジェクトを作成するときに従来のExpression Blendと違って使う言語にC++選べるんですねぇ。

« SIGGRAPH 2012のnvFXのセッション | トップページ | CEDEC Week »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SIGGRAPH 2012のnvFXのセッション | トップページ | CEDEC Week »