フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« SIGGRAPH 2012のコース:Optimizing Realistic Rendering with Many-Light Methods | トップページ | Feature Levelごとに使える命令 »

2012.09.11

Windows 8でXNAはどうなる?MonoGameの話など

Windows 8でXNAはどうなるかという話は断片的に情報が出てますが、8月にMSDN blogで"XNA developers and Windows 8"というエントリがありました。

XNA developers and Windows 8
http://blogs.msdn.com/b/uk_faculty_connection/archive/2012/08/01/xna-developers-and-windows-8.aspx

とりあえず、Windows 8のデスクトップアプリはWindows 7以前のデスクトップアプリは動くのでXNAのアプリ自体は動かすことは出来るのは間違いないようですね。

ただ、Windows ストアアプリ(Metro Styleアプリと呼ばれていたモノ)を開発することは出来ないということみたいですね。

blogでは、XNAのようにC#でWindows ストアアプリを開発したい人はMonoGameがいいんじゃないかという話みたいですね。

MonoGame
http://monogame.codeplex.com/

Monogameは、オープンソースでXNA 4実装でクロスプラットフォームみたいですね。

サイトの最近のニュースなどを見てると、XNAベースで作られたアクションBastion(最近だとダウンロードゲームでゲームオブザイヤー取ったりで有名ですね)のiPadがMonogameで移植されたみたいですね。

最近、自分もiPad版を購入してSteamで買ったPC版と比較しながら遊んでるんですが、タッチパネルでの操作性以外のグラフィックス部分に関してはかなり近い移植になってていいなと思っていたのですが、これがMonogameで作られてるのかぁ〜。

Bastion
http://supergiantgames.com/?page_id=242

Bastion for iPad
http://itunes.apple.com/us/app/bastion/id537773100?mt=8

そんなわけで色々と興味が出てきたのですが、MSDN blogの他のエントリでは実際にWindows 8のWindows ストアアプリのゲームを動かしてみる記事がありました。

Windows 8, XNA and MonoGame – Part 1, Overview
http://blogs.msdn.com/b/bobfamiliar/archive/2012/08/01/windows-8-xna-and-monogame-part-1-overview.aspx

Windows 8, XNA and MonoGame - Part 2, Getting Started
http://blogs.msdn.com/b/bobfamiliar/archive/2012/08/02/windows-8-xna-and-monogame-part-2-getting-started.aspx

Windows 8, XNA and MonoGame - Part 3, Code Migration and Windows 8 Feature Support
http://blogs.msdn.com/b/bobfamiliar/archive/2012/08/07/windows-8-xna-and-monogame-part-3-code-migration-and-windows-8-feature-support.aspx

これはちょっと今後も追っていかないとなぁ。

※追記
なんかあとで人からおしえてもらったんですが、3D無いんですね。

iOSとWindows 8でどうやってGLSLとHLSLのシェーダ言語違う環境をカバーしてるのか気になってたけどなるほど。

« SIGGRAPH 2012のコース:Optimizing Realistic Rendering with Many-Light Methods | トップページ | Feature Levelごとに使える命令 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SIGGRAPH 2012のコース:Optimizing Realistic Rendering with Many-Light Methods | トップページ | Feature Levelごとに使える命令 »