フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Intelのゲーム向けサンプル | トップページ | IntelのCPU Occlusion Cullingの解説記事 »

2013.01.17

新しいバーチャルジョイスティックのアイデアの話

A new type of touch screen joystick
http://www.altdevblogaday.com/2013/01/15/a-new-type-of-touch-screen-joystick/

iOSやAndroid端末はハードウェアボタンをゲームに使うことが出来ないので、スクリーン上に十字キー的なバーチャルジョイスティックとかバーチャルパッドというモノを描画して入力に使うわけですが、それの新しいアイデアの話が上記の話ですね。

通常、バーチャルジョイスティックでは十字キーや円形のパッドをGizmo(Unityなどでも使う用語ですが、GUIというかHUDというか)として表示することが多いと思いますが、この記事では二重の円形のバーチャルジョイスティックを提案しています。

二重の円のうち内側はタッチした座標から上下左右斜めと従来の十字キー的な働きをやらせて、外側の円の範囲では円周の動きを取得して回転として扱うといった感じみたいですね。

これによって従来のゲームコントローラーのジョイスティックではデュアルスティックでやっていたような動作が1つですむということみたいですね。FPSやTPSなどで考えると下記のような感じですね。

・前後、左右(平行移動)、斜め(内側の円内)
・カメラの回転をしながら前進後退、カメラの回転(外側)

といった感じですね。ただ、やっぱり出来ないのは、

・照準のスクリーン内移動

あたりですね。実際に下記の動画で動作例がありますが、なるほど、これはいいかもしれませんね。

« Intelのゲーム向けサンプル | トップページ | IntelのCPU Occlusion Cullingの解説記事 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Intelのゲーム向けサンプル | トップページ | IntelのCPU Occlusion Cullingの解説記事 »