フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 次のOIT使用タイトルはGRID2かな? | トップページ | 2013年のDX11世代のグラフィックステクニックメモ »

2013.04.19

Forward++

AMDのGDC 2013のセッションで"Tiled Rendering Showdown: Forward ++ vs Deferred Rendering"を改めて読み返し注。

http://developer.amd.com/resources/documentation-articles/conference-presentations/

このセッションでは、Forward+のいくつかの問題点やパフォーマンス向上のヒントなどを紹介してますが、それら改良型Forward+をForward ++と読んでいます。

とりあえず、

・半透明ジオメトリをどうするか?→不透明、半透明ジオメトリそれぞれでZバッファを別々に用意してタイルのニアは両方の手前の方を使う
・多光源の影
・GI
・タイルベースカリング時のタイルごとの深度の扱いの工夫(いわゆる2.5Dカリングで提案された話)。

あたりの話ですね。

新サンプルは近日公開のようです。

« 次のOIT使用タイトルはGRID2かな? | トップページ | 2013年のDX11世代のグラフィックステクニックメモ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次のOIT使用タイトルはGRID2かな? | トップページ | 2013年のDX11世代のグラフィックステクニックメモ »