フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 護国寺近辺 | トップページ | Computex見てると »

2013.06.05

HaswellのGPU向けのDX11.1テクニックなどの話

まぁ、結局のところはNVIDIAやAMDのミッドレンジやハイエンドGPUにはかないませんが、なかなかまともにはなってきてるみたいですね。

そんなわけで、早速GRID2での特殊効果についてリリース文がでています。

How GRID 2 and Intel Iris™ Graphics brought me into the fold...
http://software.intel.com/en-us/blogs/2013/06/03/how-grid-2-and-intel-iris-graphics-brought-me-into-the-fold

Adaptive Order-Independent Transparency (AOIT) と Adaptive Volumetric Shadow Maps (AVSM)だそうですね。GDC 2013の頃に言われていたPixelSyncですね。ようするにUAVをPixel Shaderで使う話。

それから、IntelのGPUはCPUとGPUがメモリを共有するのでテクスチャのCPUからの読み書きを高速に行うInstant Accessですね。こうしたテクニックはAMDの場合は、Partially Resident Texturesですね(コードのサンプルはOpenGLだとSparse Texture: http://developer.amd.com/tools-and-sdks/graphics-development/firepro-sdk/)。

Tiling Format for Intel® Iris™ Graphics Extension for Instant Access
http://software.intel.com/en-us/blogs/2013/06/03/tiling-format-for-intel-iris-graphics-extension-for-instant-access

なお、他のHaswell向けのゲーム向けテクニックサンプルは下記にまとまっています。

http://software.intel.com/en-us/tags/42744

« 護国寺近辺 | トップページ | Computex見てると »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 護国寺近辺 | トップページ | Computex見てると »