フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« HPG 2013: Screen-Space Far-Field Ambient Obscurance | トップページ | 滞在4日目 »

2013.07.20

HPG 2013: Theory and Analysis of Higher-Order Motion Blur Rasterization

HPG 2013の初日に見たセッションの話題もう一本は、"Theory and Analysis of Higher-Order Motion Blur Rasterization"。

これはIntelの人が絡んでるので論文が下記にあります。残念ながらデモやサンプルはないですが、そのうち出てくるかもしれませんね。

Theory and Analysis of Higher-Order Motion Blur Rasterization概要と論文PDF
http://software.intel.com/en-us/articles/theory-and-analysis-of-higher-order-motion-blur-rasterization

これは、モーションブラーの話なんですが、VertexベースのブラーなんですがLinearではないのでカーブ状のブラーを高品質に出せるみたいですね。

カーブ内のコントロールポイントは、ブラー前頂点とブラー後頂点のカーブの軌道から打つみたいですがタイルベースで頂点やエッジを見てやるみたいですね。

論文のFigure 11なんかのSPONZA Camera rotationってのを見てるとカメラが回転した時に起きる円形なブラーとかはうまく出せるみたいですね。これもわりと現実的に使えそうな感じですね。

« HPG 2013: Screen-Space Far-Field Ambient Obscurance | トップページ | 滞在4日目 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« HPG 2013: Screen-Space Far-Field Ambient Obscurance | トップページ | 滞在4日目 »