フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.30

まだまだ

週末は自宅の引っ越し作業でつぶれるなぁ。

来週ぐらいには終わらせたいところ。

2013.09.26

AMDのMANTLE

AMDのMANTLEは詳細は、11月のAMD Developer Summitで発表みたいですがなかなか気になりますなぁ。

http://anandtech.com/show/7371/understanding-amds-mantle-a-lowlevel-graphics-api-for-gcn

2013.09.25

頂点シェーダからInput Layout構築メモ

ShaderReflectionを使ってシェーダからInput Layoutを作るという話です。

DirectX 10/11 – Basic Shader Reflection – Automatic Input Layout Creation
http://takinginitiative.wordpress.com/2011/12/11/directx-1011-basic-shader-reflection-automatic-input-layout-creation/

これで手書きしなくてすみそう。

2013.09.22

引っ越し

個人的なことですが、引っ越しをすることになって今月は急に忙しくなった。

ただ、引っ越し先の部屋が以前より広いので作業しようという環境になるがうれしいところです。

2013.09.20

iPhone 5s

docomo回線の方をiPhone 5sにしました。

回線の下り速度の上限はauと勝ったり負けたりですが、3G回線の時のレスポンスはいいですね。

まだまだ3Gエリアは多いので、快適ですね。

2013.09.17

DXUTの更新

まさか更新されてるとは...ということでShader.jpの記事を更新しました。

http://www.shader.jp/?p=1118

2013.09.12

UCLA Mesh CreatorというUnityのモデリングアセット

UCLA Game LabのがUCLA Mesh CreatorというUnityのモデリングアセットを公開しています。

UNITY MESH CREATOR
https://www.assetstore.unity3d.com/#/content/11066

UCLA Game LabのUNITY MESH CREATOR
http://games.ucla.edu/resource/unity-mesh-creator/

2D画像に奥行きを加えて3D化するみたいですね。厳密な3Dモデルというわけではないですが、厚みがあると3D物理エンジン向けに衝突メッシュ作りやすいし、使いどころはあるかも。正射影なら2Dゲームっぽく見せられそう。

Unbound for MacというLeap Motion対応画像ビューワー

なんとなく、Leap Motionに対応した写真・画像ビューワーを探していたのですがAirspaceにUnbound for Macというソフトがありました。

Unbound for Mac
https://airspace.leapmotion.com/apps/unbound-for-mac/osx

なかなかレスポンスがよくひとまずLeap Motionのデモ用に使うにはいいですね。

2013.09.11

新iPhoneが

docomoから出るなら携帯電話の回線1つにしようかなぁ。

2013.09.10

新iPhoneで

そういや、新iPhoneでOpenGL ES 3.0になったりしないんだろうか?

ネタ

やっぱ、SIGGRAPHとかCEDEC終わるとネタが少ない。

2013.09.03

Eye-Fi MobiとGRの組み合わせ

Eye-Fi MobiとGRの組み合わせで選択転送できなくなる不具合は、サポートページに記載されるようになったのか。早く直るといいなぁ。

https://eyefi.co.jp/support/faq/ricoh_cameras/

2013.09.02

9月

8月でCEDECとか片付いたわけですが、9月は逆に家庭のことで忙しくなりそう。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »