フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« iPhone 5sスローモーション動画 猫編 | トップページ | Maya 2014 LTでDX11シェーダの設定されたFBXファイルの在処とかDX11Shader »

2013.10.07

Maya 2014 LTレンタル

なんだかんだ価格面で色々と言われてるけどもMaya 2014 LTを1ヶ月使ってみようかと思います。

http://store.autodesk.co.jp/DRHM/store?Action=DisplayCategoryProductListPage&SiteID=adskjp&Locale=ja_JP&ThemeID=29255400&categoryID=66551800

ひとまず、Maya 2014 LT上でViewport 2.0とDX11シェーダでマテリアル設定したものをFBXでエクスポートしてFBX Loaderでちゃんと読めるようにしようかと思います。

Mayalt
画像はMaya 2014 LT付属のサンプルデータ。AutodeskUberShaderのパラメータ設定がちゃんとされてる

« iPhone 5sスローモーション動画 猫編 | トップページ | Maya 2014 LTでDX11シェーダの設定されたFBXファイルの在処とかDX11Shader »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPhone 5sスローモーション動画 猫編 | トップページ | Maya 2014 LTでDX11シェーダの設定されたFBXファイルの在処とかDX11Shader »