フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« Maya 2014 LTレンタル | トップページ | D7100とVaio Pro11とタブレット持ち運べるカメラバッグ »

2013.10.07

Maya 2014 LTでDX11シェーダの設定されたFBXファイルの在処とかDX11Shader

Mayalt_2

そういえば、前のエントリで撮ったスクリーンショット(上)のモデルなどはデフォルトのインストール構成なら下記にあります。

C:\Program Files\Autodesk\MayaLT2014\presets\models\examples\DX11

このフォルダに入っているモデルデータは、AutodeskUberShaderがマテリアルに適用さて居るのですが、肌とか金属とか結構ちゃんとマテリアル設定がされているので参考になりますね。

ちなみに、シェーダは下記に入っていて、コンパイル済みのファイルはAutodeskUberShader.fxoでコンパイル前のHLSLはAutodeskUberShader.fxですね。

C:\Program Files\Autodesk\MayaLT2014\presets\HLSL11\examples

このシェーダについては下記にドキュメントがありますが、物理ベースシェーディング、リニアスペースライティングと言った物の入門には良さそうですね。

Maya LT DirectX 11 Shader
http://docs.autodesk.com/mayalt2014/ja_jp/files/GUID-21D2A020-EC76-4679-B38A-D5270CE52566.htm

PN-AENのテセレーションやBattlefield 3方式のTranslucencyを改良(肌向けのSubsurface Scatteringへ拡張したもの)したものなどが入ってたりしますね。

« Maya 2014 LTレンタル | トップページ | D7100とVaio Pro11とタブレット持ち運べるカメラバッグ »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Maya 2014 LTレンタル | トップページ | D7100とVaio Pro11とタブレット持ち運べるカメラバッグ »