フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents | トップページ | Unityの新サンプル »

2014.01.21

HLSL shader linkingを試そう

Windows 8.1 + Direct3D11.2にはHLSL shader linkingという新機能が加わりました。

HLSL shader linking
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/dn312084(v=vs.85).aspx#link

Using shader linking
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/dn466359(v=vs.85).aspx

この機能は、事前にコンパイルしたHLSLの関数とかをランタイムでリンクしてシェーダを生成するものですね。C/C++のようなプログラミング言語などの環境に近づくような機能ですね。

以前からDynamic Shader Linkageとかありましたが、今回のShader Linkageの方がパフォーマンス面で有利そうな気はします。

たとえば、DiffuseとかSpecularとかいろいろと計算の仕方はあると思いますが、いろんな手法を事前コンパイル済みの関数にしてランタイムで組み合わせるとかできそうですね。

ゲームの実機などで使う機能ではないかもしれません(Windows Storeアプリならば使えるかも)が、自分のシェーダやマテリアルツールで使えれば開発上なかなか面白いことができるかもしれませんね。

とりあえず、数日サンプルでも見ながら使い方を覚えてみようかと思います。サンプルはWindows Storeサンプルなのでデスクトップ版の方に持ってきてみようかと思います。

http://code.msdn.microsoft.com/windowsapps/HLSL-shader-compiler-sample-e5a1d002

« I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents | トップページ | Unityの新サンプル »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents | トップページ | Unityの新サンプル »