フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Photoshop CCとLightroomでHDR合成 | トップページ | I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents »

2014.01.13

ShaderForge買ってみた

UnityのノードベースのマテリアルエディターのShaderForgeを買ってみました。

Forumのスレッド
http://forum.unity3d.com/threads/222049-Shader-Forge-A-visual-node-based-shader-editor

とりあえず、付属のサンプルの画面が下記。サンプルシーンはカメラがおいてないので、自分で設置しないとゲーム画面で見れませんので注意。

この画面ではちゃんとすべてのテクニックが実行されているのですが、一部のテクニックはUnityの描画設定をDX11にしないとダメなので、Player Settingsで変える必要があります(テセレーションとか)。あと、葉っぱの描画のやつはDeferred Rendering時に葉っぱテクスチャのパンチスルーが効かないようなので、レンダリングの方式と相性の悪い物もあるようですね。

Shaderforge002
クリックすると大きなサイズになります

Shaderforge001
クリックすると大きなサイズになります

1つサンプル内のマテリアルからShaderForge開いてみました。

Shaderforge003
クリックすると大きなサイズになります

とりあえず、まずはシンプルなシェーダあたりから自作シェーダやってみよう。

« Photoshop CCとLightroomでHDR合成 | トップページ | I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Photoshop CCとLightroomでHDR合成 | トップページ | I3D 2014 Sound Localization and Multi-Modal Steering for Autonomous Virtual Agents »