フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 書籍:Production Pipeline Fundamentals for Film and Games | トップページ | Substance Painter購入 »

2014.03.06

GDC 2014: Killzone Shadow Fallのアーティスト向けの環境の話

Killzone Shadow Fall: Creating Art Tools for a New Generation (Presented by Autodesk)
http://schedule.gdconf.com/session-id/828240

Autodeskのスポンサーセッションですが、"Killzone Shadow Fall: Creating Art Tools for a New Generation"ってセッションがあるようですね。

Guerrilla Gamesって過去のKillzoneの開発の時でも結構Maya上に自分たちのレンダリング環境入れてしまってビューワーとかマテリアル編集とかやったりしていたのですが、今回もViewport 2.0(Maya上でDX11でレンダリングできるビューポート。カスタマイズや自分のHLSLシェーダ持ち込みが可能)上にそうした自分たちのDeferred Renderingの環境を構築したみたいですね。

Viewport 2.0上で、以下の要素は組み込めたみたいですね。

・リアルタイムの影のキャスティング
・ボリューメトリックライティング
・ハードウェアインスタンシング
・レンズフレア
・カラーグレーディング

ちなみに、Killzone Shadow FallのDeferred Renderingについては下記の資料が参考になると思います。とは言え、これはPS4発表時のデモのポストモーテムなので最終的な製品版は少し違うかもしれません。

とりあえず、Killzone Shadow Fallではfp16のレンダーターゲット5枚といったところみたいですね。

« 書籍:Production Pipeline Fundamentals for Film and Games | トップページ | Substance Painter購入 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍:Production Pipeline Fundamentals for Film and Games | トップページ | Substance Painter購入 »