フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 書籍: Multithreading for Visual Effects | トップページ | UE4とSubstance Designerの物理ベースシェーダの関係 »

2014.04.08

Real Shading in Unreal Engine 4の実装をやってみる その1

SIGGRAPH 2013の"Physically Based Shading in Theory and Practice"は下記のコースノートなどはHLSLが公開されていますし、元々のDisney式(Physically-Based Shading at Disney)と合わせて業界の標準になりそうっぽいので、実装をやってみる。

Real Shading in Unreal Engine 4
http://blog.selfshadow.com/publications/s2013-shading-course/karis/s2013_pbs_epic_notes_v2.pdf

とりあえず、コードがあるならコピペと行きたいところですが、本文やリファレンスを見ないとHammersley()関数で詰まります。

Hammersleyは、GPU Gems 3の"GPU-Based Importance Sampling"で紹介されている話ですね。

Chapter 20. GPU-Based Importance Sampling
http://http.developer.nvidia.com/GPUGems3/gpugems3_ch20.html

そんなわけで、こちらも読みつつHammersleyも乗せていきましょう(ちなみに、計算をGPUで毎度やらずにCPUでNumSamplesの個数、つまり1024個分事前にやっておいてConstant BufferにTableとして乗せるテクニックもあるようだ)。

つづく。

GPU Gems 3 日本語版
GPU Gems 3 日本語版Hubert Nguyen 加藤 諒

ボーンデジタル 2008-07-09
売り上げランキング : 640396


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« 書籍: Multithreading for Visual Effects | トップページ | UE4とSubstance Designerの物理ベースシェーダの関係 »

Amazon」カテゴリの記事

Programming」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書籍: Multithreading for Visual Effects | トップページ | UE4とSubstance Designerの物理ベースシェーダの関係 »