フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« FBX 2015.1 Loader for DirectX11 | トップページ | CodeXLでHLSL分析 »

2014.05.17

FBXのやつ

FBX SDK 2014の時は、モデルのジオメトリを読み込む、マテリアル情報を読み込むという程度でしたが、2015版の方は、2014版でやってなかったTangent, Binormal読み込みを対応しておこう。

その次の段階として、Substanceで適当に今時の物理ベースシェーダで使うようなテクスチャ4枚程度用意してシェーダを変えておくか。

« FBX 2015.1 Loader for DirectX11 | トップページ | CodeXLでHLSL分析 »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FBX 2015.1 Loader for DirectX11 | トップページ | CodeXLでHLSL分析 »