フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014.07.30

Oculus Rift DK2到着

Oculus Rift DK2到着しました。

色々とセットアップしてますが、ちょっとUnityのデモ試しましたが違いがすごくよくわかる。

Visual Studio Tools for Unityが無料公開に

おお、ついにMicrosoftからVisual Studio Tools for Unityが無料公開になりましたか。

Visual Studio Tools for Unity 1.9
http://blogs.msdn.com/b/visualstudio/archive/2014/07/29/visual-studio-tools-for-unity-1-9.aspx

とりあえず、Visual Studio 2013用入れねば。

2014.07.29

DK2発送メールきた

そういや、今朝方Oculus Rift DK2の発送メールが来ました。

今週受け取れるかな?

2014.07.25

Kinect v2センサー届きました

Kinect v2センサー届きましたので、とりあえず、Kinect Studioで3D Viewで動作確認。

無事動いてよかった。

Studio

2014.07.24

グラフィックス診断用のユーザー定義イベントマーカーの挿入

個人的にDirect3D11プログラムの開発をしているときには、グラフィックスデバッグや負荷分析にグラフィックス診断を使っています。

その際に、グラフィックス イベント一覧でAPIのコールのリストにユーザー定義のイベント マーカーを入れたいなと言うことで下記のドキュメントを読んでいました。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh873200.aspx

とりあえず、下記のID3DUserDefinedAnnotation interfaceを使えばよいようですね。

http://msdn.microsoft.com/library/windows/desktop/hh446881(v=vs.85).aspx

このインターフェイスを使うには、ID3D11DeviceContext::QueryInterfaceをすればよいみたいなので、下記のような感じで生成すればよいようです。

// グラフィックス診断用
ID3DUserDefinedAnnotation* g_pUserAnotation = nullptr;

g_pImmediateContext->QueryInterface( __uuidof(ID3DUserDefinedAnnotation), (void**)&g_pUserAnotation);

g_pUserAnotation が生成できたらBeginEventとEndEventでくくればOKですね。

そんなわけで、Githubにアップしているコードを仕込みました。FBX2015Loader4DX11.cppにコードを入れたのでID3DUserDefinedAnnotationを検索してどこで使ってるか調べてみてください。

https://github.com/shaderjp/FBXLoader2015forDX11

仕込んだ結果が下記です。イベント一覧や負荷分析機能の方でユーザー定義のマーカーが出てきてグループ化することができました。

Vsgd
クリックすると大きなサイズになります

Vsdg001
クリックすると大きなサイズになります

これを仕込んでいくとグラフィックス処理のデバッグがやりやすくなりますね。

2014.07.23

SHIELD TABLET予約開始

SHIELD TABLETの海外での予約開始ですか。

http://shield.nvidia.com/gaming-tablet/?utm_source=shield-newsletter&utm_medium=banner&utm_campaign=ShieldTabletPromo

Tegra K1マシンってのは一台欲しいですよねぇ。

2014.07.22

発送されました

Kinect v2センサの発送メールが来ました。

今週いじれるかな?

2014.07.18

完全に初回逃した

Kinect v2センサーはちょっと注文タイミングが遅く、初回出荷文からもれた感じですね。

2~4日ってあったけど、いつになるやら。

2014.07.17

いろいろとデバイスを注文

そういや、Oculus Rift DK2も注文していたのですが、今年はノートPCも新調しましたし、いろいろと個人制作やりたいところです。

とりあえずは、いまのUnity本が製本最後のフィニッシュワークみたいな感じなので、それが片付き次第ですね。

2014.07.15

Kinect v2センサー

Kinect v2センサーのWindows版が日本でも注文できるようになったので注文しました。

http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/pdp/productID.298959900

2014.07.11

Unityの書籍

そういえば、Unityの書籍の執筆のお手伝いをしました(数章担当)。

http://www.sbcr.jp/support/11701.html

もうすでに書籍レイアウトや製本のための最終作業みたいなのには入ってるようなので、CEDECの前ぐらいには出てるんじゃ無いかと思います。

解説しているゲームとしては、クリック型のハック&スラッシュって言うのがしっくりくるでしょうね。それと付録章で2Dゲームの方も入っております。

Unityゲーム開発 オンライン3Dアクションゲームの作り方
Unityゲーム開発 オンライン3Dアクションゲームの作り方竹内 大五郎 石黒 赳彦 髙橋 誠史 香川 寛和 河本 健太郎

SBクリエイティブ 2014-08-12
売り上げランキング : 33002


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

iOSのゲームコントローラー3つ試してみて

Mfi

あんま使い道ないわりについついMFi対応のiOSゲームコントローラー
を買ってしまってるんですが、上から

・steelseries・・・2番目に買った
・Logicool G550・・・最初に買った
・MOGA・・・最近買った

といった感じですね。

とりあえず、steelseriesは小さすぎてダメです。アナログスティックの配置は良いですが。サイズがでかければOKですね。唯一BluetoothなのでiPadでも使える。

Logicool G550は、十字キーがとにかく厳しい。アナログスティックが内のでモンハンにはボタンが足らないけど、それでも内よりはマシ。FF3は充分だけど、十字キーのストレスがハンパない。

MOGAのは、サイズ、機能面は文句なしです。十字キーの感度もまずまず、G550よりも快適ですね。二つあるのは、アナログスティックではなく、3DSのようなスライドパッドですね。これは、MHP2が携帯ゲーム機並みに遊べますね。右アナログパッドでカメラ回転もできますし。今のところ、こいつがオススメ感高いですね。あえて不満点言うと左のスライドパッドと十字キーの位置を入れ替えて欲しいぐらいですかね。

売ってるのは、オンラインのApple Storeですね。

BDA MOGA ACE POWER Controller
http://store.apple.com/jp/product/HE449ZM/A/bda-moga-ace-power-controller?fnode=db5c1cfca63fad960ec81a44f479b67be62343d503529ca59595fd9f282a8d83aa8a17a0f1343aff1d03955150d895b2285c979018a22ff24794021c358eb3c0374647133632eef5df61aff4428b249ee11aa47944984a96f645fd3a7d71a4c7557fb033ace76c43728c81362dac9a39

2014.07.03

UnityVS作ってるSyntaxTreeをMicrosoftが買収

UnityVS作ってるSyntaxTreeをMicrosoftが買収したみたいですね。

Microsoft acquires SyntaxTree, creator of UnityVS plugin for Visual Studio
http://blogs.msdn.com/b/somasegar/archive/2014/07/02/microsoft-acquires-syntaxtree-creator-of-unityvs-plugin-for-visual-studio.aspx

With this acquisition, we have the opportunity to integrate this support for Unity even more deeply into Visual Studio, and to continue to push forward Visual Studio's support for game developers. Microsoft will also make the existing UnityVS plugin available for free on our download site shortly.

とあるので近々プラグインが無料になるのかな?ちなみに、Visual StudioのExpress版ははプラグインが使えないのでPro版からですね。

2014.07.01

今更知ったBulletのこと

あ、Bulletの開発者のErwin Coumans氏って気づいたらAMDからGoogleに移っていたのか。

http://bulletphysics.org/wordpress/?p=408

そして、ロボット関連のプロジェクトに入ったのか。

7月

気づいたら7月入ってました。

ユニティちゃんネタはここ数日、夜呼ばれることが多くてあまり進んでない感じですが、CgFXのマテリアルからテクスチャ取ったりはできるようになったのであとちょっとですね。

あとMaya 2015とかのViewport 2.0のDX11シェーダが割り当てられてる場合のパラメータアクセスも今回の作業でわかってきたので、ちょっとその辺のネタも近々。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »