フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« SIMロックフリーiPhone 6 PlusであとからApple Care+加入してみた | トップページ | "Physically Based Camera Rendering"という記事 »

2014.09.28

SIMロックフリーiPhone 6 Plusにau SIM挿してみて

とりあえず、午前中に届いてセットアップして午後は持って出かけました。

やっぱデカいですね、コレ。手が小さい人は落とさないように持つのが大変なので、普通に携帯電話として持つならiPhone 6無印の方が無難ですね。この大きさに明確に魅力を感じてる人じゃないとお勧めできないとは思います。もう発売して店頭に実機並んでますし、試してから選んだほうがいいですね。

自分の場合は、iPad mini Retinaの代わりになるかどうかみたいな部分もちょっと期待してるのでこっちにしました。

とは言え、画面が大きいというところにはやっぱりメリットがあって、Kindleアプリで漫画とか読んだりとかはiPhone 5sよりも快適ですね。技術書は厳しいかなぁ。iPad mini Retina使ってますが、iPhone 6 Plusでもいいなと思いました。

あと、動画やブラウジングなども大画面はいいですね。

SIMロックフリーということで、どういうSIMを挿したかという話ですが、もともと自分はこんな感じで回線契約をしてます。

docomo…iPhone 5s(メインの回線)
au(もともとはソフトバンクでiPhone 4sまで使っててMNP)…iPhone 5 + iPad mini Retina(LTE)

au回線無駄じゃないかと思うんですが、「先取り!データシェアキャンペーン」で、1000円でiPad mini Retinaの料金まかなえるので、実質的にはiPad mini Retinaを9GB使う回線になってます。

まぁ、でもiPad mini Retinaはスマホほど外で通信しまくるわけではないのでテザリングとしても使ってます。

http://www.au.kddi.com/ipad/campaign/data-share.html

そんなわけで、今回のSIMロックフリーiPhone 6 PlusはiPhone 5(au)で使ってたSIMを挿しました。iPhone 5sはまだ引退には早いですし、iPhone 5ではauの回線に不満(主に対応している帯域周り)でdocomo回線を5sで使っていたわけですが、今回はau回線がいい感じそうなので。

さすがに、日本の3大キャリアと言うことでSIMロックフリー端末でも特にAPN設定など無くてもつながりました。

そういえば、ずっとSIMロックフリー端末にして気になっていたのが、au Wi-Fi SPOTへの対応ですね。

au Wi-Fi SPOT
http://www.au.kddi.com/mobile/service/smartphone/wifi/wifi-spot/

現在はデータ通信が7GB(最近はいろんな契約プランがありますが)までのプランなので、使い方によっては7GB超えることがあるので、できればWiFi使えるところでは、節約したいわけですがSIMロックフリーだとその辺の恩恵が受けられなくなるのがちょっと残念と思ったのですが、意外にも普通にauのSIMささってると使えるのにびっくり。

・・・って話をFacebookでしたら下記のような記事を紹介されたのですが、なるほどSIMで認証してるようなWiFiのスポットは端末がSIMロックフリーでも関係なくつながってくれるんですね。こういうサービスはキャリアで契約する端末に比べて不利かと思いましたが、それもなくてよかったです。

第594回:EAP-SIM認証 とは
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20121225_580084.html

とりあえず、初のSIMロックフリー端末でいろいろとわからんことが多かったのですが、無事にキャリアで契約した端末と同じように使えることがわかってきたので、ひとまず使っていけそうです。

« SIMロックフリーiPhone 6 PlusであとからApple Care+加入してみた | トップページ | "Physically Based Camera Rendering"という記事 »

スマートフォン・デジタルガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SIMロックフリーiPhone 6 PlusであとからApple Care+加入してみた | トップページ | "Physically Based Camera Rendering"という記事 »