フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« Unity FreeでもOculus開発に対応 | トップページ | iPhone 6 Plus SIMフリーが届いた »

2014.09.27

Unreal Engine 4にRenderDocを組み込んだプラグインの話

UE4のフォーラムでRenderDocをプラグインとして組み込んだ話がありました。

Shader debugging made easy with RenderDoc for UE4.
https://forums.unrealengine.com/showthread.php?42123-New-plugin-Shader-debugging-made-easy-with-RenderDoc-for-UE4

RenderDocはCrytekのCryEngineのGPU処理の分析ツールがオープンソースになったものですね。MicrosoftのPIXやAMDのPerfStudio、IntelのGPAなどのようなツールでオープンソースになっているようなものですね。

https://github.com/baldurk/renderdoc

記事を見ているとアクティブなビューポートにボタンが追加されて押すだけでフレームキャプチャができるようですね。

下記の動画はRenderDocでシェーダをデバッグするチュートリアルですが、これがUE4でも気軽に使えると便利そうですね。

しかし、Unreal EngineとCryEngine(・・・の一部の技術)の融合というのは面白いですね。

« Unity FreeでもOculus開発に対応 | トップページ | iPhone 6 Plus SIMフリーが届いた »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Unity FreeでもOculus開発に対応 | トップページ | iPhone 6 Plus SIMフリーが届いた »