フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール | トップページ | DDOってMegascansデータないの? »

2014.10.23

DDOでPBRテクスチャ

Quixel SUITE 1.6の話を先日書きましたが、自分の環境(Photoshop CC + Windows 8.1)では起動時に落ちてて使えなくて困っていたのですが、無事に解決しました。解決策は単純で、Quixelの起動を管理者権限で実行するように設定するだけでした。

閑話休題

そんなわけで、DDOでPBR用の素材を出してみるためにちょっと操作を復習。

まずは、Photoshopが起動した後にランチャーからDDO選択。BaseCreatorなるもので初期設定です。DisneyとかUnreal Engine 4とかUnityとかToolbagとかいろいろとプロファイルがあるのがいいですね。とりあえず、UE4にしておきますか。

そのあとCREATE BASEするんですが、ブラックアウトしています。生成するにはOption押してPathでプロジェクトを保存する場所を決めないといけないみたいです。きめればCREATE BASEすることができます。

Quixel002

CREATE BASEしたらでてきたウィンドウにあるAdd Smart Materialしたら下のようなマテリアルライブラリが出てくるので適当に選択するとそのマテリアルが使えます。

Quixel001

とりあえず、スマートマテリアルでアルミニウムを選択してみました。下のスクリーンショットではGrossマップ見てます。3DO(スリーディーオーではなくスリードゥーらしい)を起動するとビューワー起動ですね。

Quxiel003

とりあえず、Smart Materialはいろいろと基本的なマテリアルがあるのでちょっとしたものは困らなさそうですね。Photoshopベースなので、そこが慣れないときついですが、ベースマテリアルが多いのがいいですね。

ここで生成したらB2M3やSubstanceに持って行って加工するってのがいいかもしれませんね。

そんなわけで、最近はPhotoshop CCとLightroomで月1000円ですし、活用するネタが増えました。

« cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール | トップページ | DDOってMegascansデータないの? »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール | トップページ | DDOってMegascansデータないの? »