フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 最近何とかしたいテクスチャツール | トップページ | cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール »

2014.10.22

Quixel SUITE 1.6リリース

β版の時代から購入していたのですが、メールで1.6リリースのアナウンスがありました。

http://quixel.se/

マニュアルなどのWiki
http://quixel.se/usermanual/quixelsuite/doku.php

Quixel SUITEは、Normal Map作成ツールNDO、テクスチャ作成ツール(PBRも)のDDOとビューワーの3DOって感じのツール群でPhotoshopプラグインとして機能します。それからスキャンベースの素材集のMegascanですね。これらのツールがしばらくβ版でしたが、どうやらβ版から正式版になったみたいですね。

ちょっと使ってみましたが、UE4とかUnityとかCryEngineとかゲームエンジン向けのプロファイルやDisneyのPBRやGGXといった様々なワークフロー向けの物理ベースレンダリング用のテクスチャが作れるようになってますね。

Substanceとどう使い分けるかとか、Substanceの前段階で使うかなどは使いながら役割を考えた方がいいですね。ただ、Smart Materialと呼ばれるマテリアルライブラリはSubstanceよりも充実しているので、前段階で使うのが良いような気はしています。そのあと汚しとかはSubstanceという感じで。

そういや、Unreal Engine 4のSCI-FI HALLWAYはQuixelでしたね。

https://www.unrealengine.com/ja/blog/new-release-on-marketplace-scifi-hallway

« 最近何とかしたいテクスチャツール | トップページ | cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール »

Programming」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近何とかしたいテクスチャツール | トップページ | cmft : クロスプラットフォームでオープンソースなキューブマップフィルタツール »