フォト

Google AdSense


  • AdSense
無料ブログはココログ

« 続・DirectXMeshの最適化のパフォーマンスとVisual Studio 2013の分析機能の話 | トップページ | 無料だったので »

2014.12.12

Visual Studio 2013のグラフィックス分析Unityで作ったアプリに使う

そんなわけで、DirectX Mesh最適化の話を一段落でVisual Studio 2013のグラフィックス分析機能をUnityで作ったアプリに適用してみます。

Unityで作ったアプリでもグラフィックス診断を起動するためにはVisual Studioのソリューションにして実行しないと行けないのですが、Windows Storeアプリだとそれができるのでキャプチャしてみました。

UnityのサンプルをWindows Storeアプリ化してキャプチャしてみましたが、行けました。

Shindan001

もちろん負荷分析も動作。

Shindan002

Unity 5だと便利なフレームプロファイラ付いてるんですが、DX11レベルでの実行状況を見るにはいいかもしれませんね。

« 続・DirectXMeshの最適化のパフォーマンスとVisual Studio 2013の分析機能の話 | トップページ | 無料だったので »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・DirectXMeshの最適化のパフォーマンスとVisual Studio 2013の分析機能の話 | トップページ | 無料だったので »