フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« DirectX Meshのメッシュ最適化やってみた | トップページ | Visual Studio 2013のグラフィックス分析Unityで作ったアプリに使う »

2014.12.11

続・DirectXMeshの最適化のパフォーマンスとVisual Studio 2013の分析機能の話

1つ前のエントリ
http://masafumi.cocolog-nifty.com/masafumis_diary/2014/12/directx-mesh-29.html

1つ前のエントリを書いた後に、ちょっと処理負荷に関して、Baselineの時間がレンダリング時間で良いのかちょっと自信がなくなったので、あとあと心配になって調べてみたんですが、下記にVisual Studio Graphics Analyzerのドキュメントがありました。

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn642453.aspx

The second left-most column in the Summary Table displays your app's baseline rendering time—that is, the length of time it takes for your app's default rendering to complete the draw call. The remaining columns show the relative performance of each rendering variant as a percentage of the Baseline so that it's easier to see whether performance is improved. Percentages larger than 100 percent took longer than the Baseline—that is, performance went down—and percentages smaller than 100 percent took less time—performance went up.

とあるので、レンダリング時間でよさそうです。

さて、再度キャプチャしてみました。

Vs001
最適化なし。クリックする大きなサイズになります

Vs002
最適化あり。クリックする大きなサイズになります

結果は、最適化ありがパフォーマンス向上しています。

最適化なし
Model00 59.04μs
Model01 65.78μs
Model02 65.44μs

最適化あり
Model00 58.07μs
Model01 63.48μs
Model02 63.18μs

さて、同じ結果を載せるだけでは芸がないので、Visual Studio Graphics Analyzerのフレーム分析のDetailを見てみます。

前回の結果は、Summaryを見ていましたが、Baseline。Detail Baselineの横に「%表示」の数字が書かれていますが、今回はμsですね。

ここでは、Visual StudioがDraw Callに対して様々なシチュエーションでかかる処理負荷を提示してくれています。

たとえば、Model00は最適化ありで58.07μsですが、2x MSAAというところでは、63.56μsになっています。これは、2x MSAAの時にはレンダリング時間がこの時間に変わるという意味です。

その他にBC Texture Compressionを見てみると55.26μsになっています。これは、今のモデルのテクスチャをBC圧縮書けると約3μsレンダリング時間が縮むと知らせてくれています。Half Texture Dimensionsはテクスチャの解像度半分にした場合ですね。

時間が下がる項目を見ながらアセットのリダクションが有効なのかを知ることができます。

ちなみに、Summaryで表示される「%表示」はBaselineからの負荷の変化率ですね。

そんなわけで、Visual Studio 2013 ProfessinalのVisual Studio Graphics AnalyzerはWindows 8.1ではなかなか便利なツールですね。

そういえば、この機能はExpress Editionでは使えないのが残念でしたがVisual Studio Community 2013の登場で無料で使えますのでおススメです。

http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

« DirectX Meshのメッシュ最適化やってみた | トップページ | Visual Studio 2013のグラフィックス分析Unityで作ったアプリに使う »

Programming」カテゴリの記事

画像付き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« DirectX Meshのメッシュ最適化やってみた | トップページ | Visual Studio 2013のグラフィックス分析Unityで作ったアプリに使う »