フォト

Google AdSense

  • AdSense
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.28

留守にします

来週末までちょっとサンフランシスコに行ってます。

2015.02.27

書籍が出ました「ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード 」



そういえば、「ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード 」が出ました。

出版社の紹介ページ
http://www.sbcr.jp/products/4797380057.html

16章の方でちょいと記事を書いています。様々な著者が色々と書いておりまして、プログラマ向けの技術書と言うよりは読み物ですので、プログラマに限らず気軽にお読みいただければ。

ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード
ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード徳岡 正肇

SBクリエイティブ 2015-02-25
売り上げランキング : 1683


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

cmftStudioが公開されてた

Shader.jpに書きましたが、公開されたみたいです。

物理ベースのビューワーのついたオープンソースのCubemapフィルタリングツールcmftStudio が公開に
http://www.shader.jp/?p=1475

Marmoset Toolbag 2ほど高機能ではありませんが無料でオープンソースなのがいいかもしれませんね。

Cmft004


2015.02.25

Unreal Engine 4.7よりLeap Motionをプラグインで標準サポート

Unreal Engine 4.7よりLeap Motionをプラグインで標準サポートするようです。

INTRODUCING THE LEAP MOTION PLUGIN FOR UE4
https://www.unrealengine.com/blog/introducing-the-leap-motion-plugin-for-ue4

Leap Motion側の発表は下記ですね。内容同じようですが。

Introducing the Leap Motion Plugin for Unreal Engine 4
http://blog.leapmotion.com/introducing-leap-motion-plugin-ue4/

実際に、Githubのソースを見ましたが、確かにPlugins/Runtimeに入っていました(GearVRも入ってる)。

これはUnreal Engine 4.7とLeap MotionでゲームとかVRやるにはいいかもしれませんね。

2015.02.18

Unity 5の描画機能を生かしたサンプルアセット”Viking Village”の公開

以前から予告されていましたが,Unity TechnologiesからUnity 5の描画機能を生かした"Viking Village"のアセットが公開になりました.

Viking Village
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/29140

このサンプルアセットに関しては下記にまとめられています.

WORKING WITH PHYSICALLY-BASED SHADING: A PRACTICAL APPROACH
http://blogs.unity3d.com/2015/02/18/working-with-physically-based-shading-a-practical-approach/

物理ベースシェーディングによる描画,HDR, 新しいスカイボックスの機能などが活用されています.

テクスチャはスキャンベースでQuixelのMegascansのものだそうです.

GDC 2015のVR関連セッションの告知記事

GDC 2015の告知ニュースですが、GDC 2015のVR関連セッションがまとまってて良い告知記事だと思います。

See the future of VR game development at GDC 2015
http://www.gdconf.com/news/see_the_future_of_vr_game_deve.html

Oculus DK1からDK2、Project Morpheusなどで開発の知見がたまってきたことと思いますし、将来のことや周辺技術セッションも充実している感じですね。今年はセッションの方ではVRの年という感じはしますね。

2015.02.17

GDC前

なんか、GDC前になると大きなネタがなくて、GDCで発表するよ、って話が多くなるなぁ。

2015.02.05

UE 4.7のHTML5のサイズ縮小

開発用ビルドから出荷用ビルドに変更したことでサイズが小さくなりましたので、その辺も追記しました。

http://www.shader.jp/?p=1424

Shader.jp落ちた

Shader.jpのUE4.7のHTML5ビルドのサンプルのファイル転送量が多いようでサーバー会社の転送量制限に引っかかったかもしれません。503エラー出ますが、そのうち復活すると思います。

ちょっとビルド結果のゲームのブラウザ実行は控えます。

UE 4.7 Preview 5のHTML5ビルドの手順を書きました

Unreal Engine 4.7のPreview 5のHTML5ビルドの手順を書きました。

http://www.shader.jp/?p=1424

とりあえず、エンジンのソースコードビルドが不要になったのはデカいですね。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »